暑~い

2015.08.08【 住まう
さすがのOMハウスも毎日エアコンのお世話になっております。それでも午前中はエアコン無しで過ごせるわけですが、以前なら昼過ぎに室温30度Cとなってスイッチオンだったのが今年は昼前に30度Cとなってしまいます。私だけならエアコン無しの行水生活だったかもしれないけどお嬢がいるのでね。

OM操作パネルは相変わらず使いにくいですが(というかマイコンの判断が変)、近所のお宅が室温35度Cとか言ってるときにうちは29度Cだったから優秀な家ではあります。ただこの気象には自然エネルギーだけじゃ厳しい。

ああ、電気って、エアコンって、偉大だ…。

夜はなかなか外気温が下がらず、結局寝る前までエアコン点けっ放し。昔は夜になれば冷えたのにね。就寝中はツインファンで過ごせておりますが(夕方から回して部屋を冷ましてます)。

年々、確実に暑さが増していると感じます。

夕立も降らないのですよ。うちの方は。梅雨明けから一滴の水も落ちてきません。これも昔と違うなぁと思います。だって夏といえば夕立→夕涼みだったのに。
雨水の1トンタンク・200リットルタンク共に梅雨明けから2週間ほどで空になりました。雨水の代わりに水道水を使うと水道の有り難味が沁みます。

例年、8月10日くらいになると雨が降ってくれるのだけど今年はどうだろう。そろそろ一雨欲しいなぁ。

230リットル雨水タンク

2014.09.19【 住まう
昨年から構想を練りつつ放置していた小さめ雨水タンク。やっと設置できました。いや、設置を始めてからもあれやこれやで中断しては調整し、の繰り返しでしたが。
ネットで作製を公開してくださっている皆様のおかげでここまでできました。なので私のチャレンジもまた誰かの役に立つかもしれないと思い、記しておきます。

上々の溜まり具合です。蛇口付近の強度に少々不安はありますが(後述)それはおいおい。
では設計図です。そこ、落書きとか言わない(笑)。
230リットル雨水タンク設計図
集水器はtoppo(とっぽ)の園芸Blog 雨水タンクを作るぞ~に倣いました。じょうろで庭に撒くだけならこれで十分です。酸性の初期雨水はそのまま流れ込みますので貝殻でも沈めておこうと考えています。ポンプで送水するならゴミ避けに配慮してください。
中に入れたインクリーザーはサイズがいくつだったか忘れました…。これは実物にてサイズ確認が必要です。

問題があったのは蛇口部品とタンク内部品との接続(設計図のピンク実線)。
机上では奥まできっちりねじで入り込む(タンクを隙間なく挟み込む)はずが、奥まで入らず隙間が広くてゆるゆる。ここは上部と同じ部品でかっちり閉めて蛇口につなぐべきでした。通販だとそういう確認ができないからね…。店舗で買える方はチェックしながら買った方がいいですよ。
とりあえずタンク内側に2枚、外側1枚の厚手パッキンを重ねてしのいでおりますが、一番水圧がかかりかつバルブの開け閉めでも力のかかる部分なので今後注意していきます。
230リットル雨水タンク 蛇口との接続
尚、私は家にある部品とつなげたかったのでこういう接続を選びましたがもっと違う形もありますので工夫してみてください。
また、タンクの横ではなく底へ穴開け配管して水を余さず使うこともできると思います。

今回は樹脂製のボールバルブを付けてみたのですが感想としては、金属製の方がスムーズかな。1トンタンクはレバー式金属製です。そっちの方が断然使いやすい。

あと、ちょうどいい太さのホースが見つからず内径32mmサクションホースというものを買ったのですが…雨樋との接続部品に被せるのが大変でした(設計図のピンク点線2ヶ所)。
これも机上で調べたサイズより実際は部品外径が大きくてそのままでは入らず、ホース径を広げて対応しました。径違いチーズを50×25にしてタンク側と揃え塩ビ管入れれば良かったなと後で思いました。

ホースの広げ方ですが、熱めの湯に3分ほど浸し軟らかくしてから、ペンチを内側に入れてぎゅーっと開き径を広げます。サクションホースってかなり硬い。
また、光が入ると藻が生えるため防止策として黒いテープを巻きつけてあります。テープの耐久性は…不明。

部品の径は13mm(1/2インチ・水道規格サイズ)より大きい方がいいと思います。
13mmだと、短時間にザーッと降って止むようなときはホースが細くて雨樋からタンクへ流れきらずに排出されてしまうと思います。
何より蛇口の水の出方が遅い!25mm(1インチ)とは全然違いますよ。
家にある水道部品を使うのでなければ25mmをおすすめします。ただし部品もホースも値段は上がりますけどね。

部品についてはHITS継手というのを選んでみました。このサイズで耐衝撃性が必要かどうかは正直わからないですが(^^;
1トンくらいのタンクなら水圧も高いし、特に蛇口付近は神経を使うべきかなと思います。
タンクを挟んだ部品同士の接続部分にはゴムパッキンをお忘れなく。

タンクはオークションで購入。今は色んなタンクが出てますね。
選ぶなら黒(光を通さない=藻が生えない)で蓋が全開できる(掃除しやすい)ものを。野菜の水遣りに使うなら元々何が入っていたタンクが確認した方がいいと思いますよ。

うちのは上下が少しすぼんでいたのでオーバーフローと蛇口位置間が狭まってしまいました(利用できる水量が減る 多分160~180リットルくらい)。もし寸胴の形が選べるならその方がベターかも。
オーバーフローの位置を上げるため、本来なら下方に付ける雨樋接続部をタンク上部と同じ高さまで上げました。これでタンク一杯まで溜まります(浮いたゴミは流れ出ないけど)。
230リットル雨水タンク オーバーフロー位置
タンクの下はブロックで固め、下にじょうろを置けるくらいの高さを確保してあります。しばらく使ってみて不具合があるようならタンク位置を上げればいいだけなので(下にブロックを積み増す)。

タンクの穴あけは工務店に相談して電気屋さんが来た時についでに開けてもらいました。開ける位置を間違えちゃったけどタンク設置場所を変えたら結果的にまあオーライでした(笑)。
ダイソーにはホールソーの歯があるらしいですよ。デジカメ de 野鳥観察 雨水タンクのドレイン製作のように手作業する方も。

握力腕力が必要となる場面もありますので女性の皆さんは誰か巻き込むのがよろしいかと。うちは雨樋接続時には夫が強制参加でした(笑)。

総額で7000円くらいかな?
大雑把に接続部品3000円、ホース500円、タンク3500円。
ボールバルブが安かったのと品揃えが近所の店より充実しているのとで部品の多くは配管部品 楽天市場店で買いましたが、できることなら実物を確認しながら買う方が絶対良いと思います。でも田舎だと特に異径部品がね…サイズないのよ。

【追記】
やはり蛇口接続部が水漏れしてきました。後ほどまた書きます。

植物にかけてはいけない

2014.07.28【 住まう
それは石けん洗濯の濯ぎ水(アルカリ性)。

今まで生活排水の中で使えそうなものをあれやこれや植物への散水に使いましたが、失敗した例です(^^;

多分、植物から離れた土へかけるなら大丈夫だと思うのですよ。酸性雨によるpHの傾きも石灰で中和するくらいだから。2回目の濯ぎ水だったらもうアルカリ度も下がってるかなーなんて思って何度か植物の根元へ撒いたら、一年草が枯れました。あいたたた。根元はイケマセン…。
木に問題はなし。さすがにプランターは心配だったので止めといて正解。

ちなみにクエン酸で中和してない濯ぎ水です。ま、そりゃそうか。
中和したもの、あるいは中性洗剤の濯ぎ水だったらまた違うかも?
ただね、運ぶのが結構大変なのでそこまでして試す必要があるかと考えると…。

あとは前にも書いた米の研ぎ汁。これもプランターNGです。大地ならOKだけど根元直接じゃない方がいいのかも。

今年も梅雨が明け、しばらく雨のない暑い時期となりました。雨水タンクは残量わずかで雨も降りそうにないのでトイレの水を上水道に切り替えました。台所の排水を庭に運ぶ時期だわな…。エアコンから落ちる滴もフル活用です。

風呂水送水システム不調

2013.10.08【 住まう
華々しく(?)設置された風呂水送水システムですが、少々具合が悪いようです。ある日、バスタブの水を送らなくなりました。

外の汲み上げポンプが何らかの理由で動かなくなっていて、モーターが回りたいのに何か引っかかって回らないのだろうとのことで通電してはいるのでひどく過熱していました。
結果的に原因ははっきり分からなかったのですが(原因を追究しようとボルトを緩めたら直っちゃったから)、小さな汚れが噛み合わせ部分に挟まったのではないかということでした。多分、給湯器から出るサビの小さなやつだと思います。気をつけていても吸い込んでしまうのでしょう。かなりの中古だからな…やっぱり給湯器を替えないとだめかな…。

1回目は水道屋さんに来てもらって、私が作業を見て覚えて2回目には自分たちでやりました。
といっても土台に固定しているナットを緩めるだけなんですが。
雨水タンク用ポンプ
バスタブ→雨水タンクがC3-130、雨水タンク→トイレがNEWソフトカワエース150。私が選んだわけじゃないのでなぜこれがいいのかは知りません。
トラブっているのはC3-130です。カワエースはこのC3-130より高価なんだそうで、水道屋さんによればそれだけに保障期間が長くトラブルも少ないという話でした。カワエースって井戸水を汲み上げるポンプなんですかね。一方、C3-130はどうも噛み合わせがカワエースよりシビアらしいです。だから小さな汚れでも引っかかってしまうのだろう、と。
あんまり頻繁にトラブるとポンプが壊れそうで心配。

もし送水システムを汲み上げポンプで作るならちょっと高くてもカワエースをお薦めします。

自分たちでメンテナンスできないシステムだと不調の時に本当に面倒です…。なのでできる限り頑張ってメンテナンスできるようになろうと思います(^^;

トイレ用の雨水タンクを設置する方には、先日教えていただいたこちらのページが容量目途の役に立つと思います。トイレの流水量×回数+庭にも撒くなら散水量(じょうろに汲めば分かる)で1日分が出せます。ちなみにうちは節水便器の効果もあって2人+1匹と庭散水で1トンタンクを使い2週間以上もちます。
オーブルデザインのブログ記事

【追記】
ポンプの問題というより給湯器の問題でした。なので古い給湯器を買い換えれば何の問題もなくなるようです。まだ買い換えてないですが気温が下がり頻繁に湯を張る(給湯器を使う)ようになってからは赤錆が出ないのでトラブルもありません。

台所の排水を庭に撒く

2013.09.10【 住まう
合併浄化槽の処理水利用、予算が許せばやりたかった…なーんて言っててもないものはないからしょうがない。だからうちにあるものを使いました。
うちにあるもの…それは洗剤と塩分の入っていない生活排水。例えば水洗いだけのカップとか皿とか野菜を洗う時の水、ちょっと手をゆすぐ時の水、米の研ぎ汁などを溜めておいて撒くのです。

私は10リットルくらいの洗い桶を100円ショップで買ってきて流し台の蛇口下に置き、そこに水を溜めそのままそれで運んでいますがちょっと運びにくい。
やってみて、洗い桶はもっと小さ目の物にして勝手口に10リットルくらいのバケツを置き、それに移して溜めてから運ぶ方がやりやすいなと思いました。でもまあ、これはこれで大量の野菜を洗うのにちょうどいい大きさなので重宝してますが。

結構溜まります。朝から夕食の支度前までで10~20リットルくらいになります。
少しくらいなら洗剤や塩分が入っても土は浄化してくれますがたくさん入ると植物に問題が起きます。
私は米の研ぎ汁も入れますがこれはBODが高いのでプランターNG。有機物を分解する時に発する熱でプランターの植物が枯れます(友人が経験済み)。またプランターの限られた土量では微生物の量も限られるので生分解が遅れ、有機成分が腐ることもあります。花壇なら、そんなに濃くなければまあ大丈夫。庭の生垣には全く問題なし。

あと、桜でんぶ(仮名)の体を拭いた水も撒きます。これは微生物洗浄剤が入っているので土の活性剤にもなり一石二鳥。ちなみに排水で流せば合併浄化槽の活性剤となります。

いやね、一度雨水を使い始めると蛇口をひねって出した上水道の水を庭に撒く事に対するもったいない感が半端ないんですわ。意地でも上水道の水は減らしたくなるから人間って不思議(笑)。
これからの季節は雨水と風呂の残り湯で十分足りますからこんな面倒くさいことをする必要もなくなります。渇水の夏限定な節水でした。

尽きることのない水源

2013.09.09【 住まう
週末の雨でタンクが久々に満タンとなりました。

今夏は雨が少なかった…。降れば豪雨だけど一気に流れるからあまり雨水タンクに溜まらなくて、8月は延べ10日ほどトイレの水を上水道に切り替えました。

こんな時、思うのです。ああ、あの水源を使えればどんなにいいだろう…と。

あの水源、それは合併浄化槽の処理水です。合併浄化槽はし尿だけを処理する単独浄化槽と違い、トイレ・風呂・洗面・洗濯・台所他家中全ての水を集めて川の水と同じくらいのBODまできれいにしてくれます。管理さえきちんとしていればね。いわば戸別の小型下水処理施設です。そして生活している限り毎日、必ず生活排水が出ますから尽きることはありません。

実際、高機能の合併浄化槽を利用してトイレの水と庭の散水に使っているお宅もあるんですよね。川の水よりきれいなんだって。OMソーラー協会の冊子で紹介されていたと思います。

また、それ以外に蒸散式の浄化槽というのもあるんですよね。盲導犬の里 富士ハーネスでも取り入れている方法で、合併浄化槽の処理水を側溝へ流すのでなく敷地内の表土から蒸発させるもの。側溝のない地域で利用されている方法だそうですがこれなら庭の水撒き不要。しかも毎日自動的に行われるっていいと思いませんか。それに多分、気化熱で庭の温度は通常より低くなるはず。
検索すると利用されている方のブログが出てきますよ。

予算が許せばやりたかったこと、実はいっぱいあります。ま、30億円入ったらやりましょう(笑)。

雨水タンク汚れ流入対策

2013.08.31【 住まう
1トンタンクの初期雨水除去を集水器小容器とごみ取りネットの3段階でやってますけど、汚れについてはそれほど効果がなかったかも。少しは軽減されていますけどね。
屋根や樋の状況によって汚れの内容や程度は違うでしょうがうちの場合はどうも、ネットにも掛からないような細かい汚れが少しずつだらだらと流れてくるんじゃないかと思われます。なので最初の水だけ取ってもあまり意味がないような。

どうすればもっと汚れの流入を減らせるかなと考えました。

不織布のごみ取りネットより目の細かいものでフィルターを作れば濾せる?
ネットで見つけた体験談では綿(タオル地だったかな)を3重にしたのが最も良かったとありました。なるほど布か、と不要衣類から夫のシャツ(薄手)を引っ張り出し、袖を切り落として袋状にして付けてみたのですがこれが、布目が詰まりすぎて水の流れを止めてしまい、×。

ですが目の細かさがちょうど良いものを見つければ汚れを取りつつ水の流れも止めることなくいけるかなと思います。体験談の方は時々フィルター(布)を洗っているとありましたから長持ちしそう。

もうひとつ考えたのが、小容器を沈殿槽としてその上澄みをメインタンクに入れる方法。目指すはみきぼんのへやさんの雨水タンク2号ページにあるようなものです。小容器で汚れを沈殿させその上澄みをメインタンクに流す仕組み。

うちの小容器は何が違うかと言えば、上澄みじゃなくて小容器がいっぱいになったところで樋からの水がそのままメインタンクに入るのです。本当は上記のようにしたいのですが諸事情により、とりあえず今の形になっております。
これを何とか沈殿槽にすべく模索中。

庭に撒くだけならこんなに考えなくてもいいんですけどね。
でも考えている時間も楽しいですよ。それが形になったらもっと楽しいですけど。