ノートPCスタンド

2015.10.15【 ネット・パソコン
ノートPCへキーボードを外付けするにはそれだけのスペースが必要です。が、しかし、うちのPC置き場は奥行き45cmしかなくて横幅も余裕なし。平面だけでは無理だなー。

というわけで、ノートPCスタンドをDIY。お金を出せば買えますけどね。意外とするんです。今回は高さも気にしないといけなかったし、ぴったりの物を手に入れるためには自分で作るしかありませんでした。
ノートPCスタンド横
ノートPCスタンド前
100円ショップSeriaのすのこがちょうど17インチノートサイズだったのでそれを天板にしました。背後にあるコンセントの高さに合わせてあります。家にあった木材を足にし、端切れ板を麻糸でぶら下げてケーブルや外付けHDD置き場としました。足を同じ長さに切るのが少々大変なのでホームセンターで木材を買ってカットしてもらうと楽です。外付けキーボードをテンキー無しの小さいサイズにしたおかげでちょうどぴったり足の間に入ります。

検索すると色々なものが出てきます。PCを斜めに立てたり、段ボールで作ったり。見るだけでも面白いですよ。

新PCのキーボードにイライラする

2015.10.14【 ネット・パソコン
新しいPC。そのスペックと価格には満足しておりますがキーボードの入力ミスに「キーッ!」となっております。

キーを20打てば1つや2つは必ず飛びます。打ったキー全てを拾ってくれないというか取りこぼします。詰まる音、例えば「いって(itte)」はほぼ確実に「いて」になってしまいます。長いことPCを使ってきて、派遣先でも様々なキーボードで仕事をしましたが、こんなにミスの出るキーボードは初めてです。私の感覚としては入力スピードに表示がついてこなくて間が飛ぶように感じます。実際にはキーの押し方との相性が悪いのでしょう。

早く打てば打つほど取りこぼし率が上がるのですが夫は全く気にならないといいます。なぜかというと、3本指でゆっくり打つから(笑)。

「コントロールパネル」-「キーボード」で「表示までの待ち時間」を遅めに「表示の間隔」を最速にすると少しマシになります。が、それでも手加減してタイプしないといけない。チャチャッと打ちたいなー。しょっちゅう修正しなきゃいけないのはイライラするー。

というわけで、キーボードだけ買って外付けして使うことにしました。色々な方式がある中で、私が使い慣れているのは昔のノートPCに使われてきたパンタグラフ方式。今回買ったASUSのPCはチクレットとかいう新しい方式だそうで。私には合いません。なじめません。

エレコムのTKFCP082BK、パンタグラフ式有線、テンキーなし、キーピッチはノーマルな19㎜。使い心地は至って普通、いや今は普通がありがたい。今まで使っていたDELL15インチノートより少しEnterの位置が遠いかな?くらいで、少し打ち込み(キーストローク)が浅いけど気になるほどでもなし。

キーボードが変わったら入力ミスがひどく増えて作業に支障が出ている、どうしても慣れることができない、という方はキーボード外付けという選択もあるのでご参考に。

Office XP 32bit 版を 64bit Win8.1 で使う

2015.10.01【 ネット・パソコン
古いPCに入っていたOfficeのCD-Rがあります。バージョンは2002。古いね。64bitのPCが発売される前の物ですから当然32bitです。最近新しいPCに買い替えたのでさて、これが使えるかどうか。32bit版ソフトは64bit版PCでも使えるという口コミがあったものの、そこはやってみないと分からない。

結果としては使えました。とりあえず支障ないようです。

PC購入時に予算を立てるのですがOffice込みか否かで2万円変わるんですよね。Office無しでCPUの性能が高い物を選ぶか、CPUは少々落としてOfficeを入れるか。悩みどころです。古いOfficeが使えれば性能にお金をかけられるわけで、結構重要な問題だったのです。

今までのPCは挙動に怪しげな点が見られるようになったのと、動作が緩慢になったのとでそろそろ限界を感じました。複数のソフトを同時使用するのが苦しい状態。タスクマネージャで見るとCPU(Core 2 Duo)がいっぱいいっぱいでした。メモリ(4GB)とHDD(250GB)は余裕。でもそのPCも当時としては性能の高い方のCPU搭載品を選んだつもりだったんですけどね…。

メーカーにもよりますが、メモリとHDDはPC知識がなくとも自分で交換・増設ができます。やり方は検索すれば出てきます。業者に依頼することも可能(かえって高くつくけど)。ですがCPUは変えられません。正確に言えばできるみたいだけどかなり高難度の作業。だからお金をかけるならCPU。

今回はCore i7搭載品をASUSアウトレットで安く手に入れました。天地無用のはずが、箱の裏に伝票貼り付けて天地逆さで送られてきたのでちょっと心配してますが。キーボードが浅くて反応が悪いのとUSBポートが左にしかない(マウスは右で使うのに)のが不満ですがそのうち慣れるかも。

カラーレーザープリンタ

2015.08.25【 ネット・パソコン
15年来の憧れだったカラーレーザープリンタをついに購入。7000円を切る値段で買えるなんて、夢のようです。

かつての職場にはありました。でっかいカラーレーザーのコピー機兼プリンタが。「欲しいね~」「やっぱカラーレーザーいいよね~」とみんなで眺めつつ、1台100万円ではとてもとても手が出ないし、たとえ手に入っても置くとこない(笑)。

いつかはカラーレーザー…との思いを心に秘めて15年、とうとうその日がやってきたわけです。インクジェットからの買い替えですが、買い替えの候補に挙がる値段であるということにまず感激。そしてコンパクトさにまた感激。昔持っていたスキャナ付きインクジェットとほとんど変わらない大きさです。

買ったのはNECの一番安い機種MultiWriter 5600C。私の場合、写真の美しさはあまり重要ではないのでそこそこなら良し。インクジェットは、使わないのにインクがすぐ無くなってしまうのが不満でした。レーザーならその点問題なし。うちの使用頻度だとカートリッジ交換は一体いつになるのか分からないくらい先。起動が早い。印刷も早い。

重量10kgほどということでどこかに常設しなきゃいけないかなと思っていましたが、実際に持ってみたらそれほどでもなく、普段は棚にしまっておき使うときだけ出してくる形になりました。持ち運びも私は苦にならない程度です。

印刷してはニヤニヤしています。

MapFan for Android 2013が使えない件

2014.12.02【 ネット・パソコン
MapFanのQ&Aにもあるとおり、2013はアンドロイドをバージョンアップすると起動しなくなる不具合があります。うちのも該当機種だったようで、タイトル画面から一歩も動きません。

Q&Aに従って地図データの削除→再ダウンロードをしても、アプリの削除→再インストールをしても、MapFanをしばし使わずにいると起動しなくなります。使うたび、ダウンロードに何時間もかけて上記をやり直さないといけません。面倒です。使えません。

夏頃は一度ダウンロードすれば10日くらいはもったのだけど今や1日空くと起動せず。毎日アプリを起動しないといかんのか。アンドロイドがアップデートするたびにおかしくなっていってるのかも。
8月に2014が発売され2013のサポートは終わったそうで、来年の10月までは使えるけど不具合に対する修正はしないようです。
私は300円で購入したクチだからまだいいけどこれが4000円近い定価で買っていたら腹立つだろうなー。

でもまあ、地図データを買う値段考えたら毎年3880円払うのは高くはないか。カーナビとして使うのはうちはちょっと無理だけど
使う環境にもよるのでしょうが結局、無料の ORUX MAPS の方が地図として地味に長く使えるという結果になりました。

.NET Framework4 @ Win7 でセキュリティ更新できない

2014.09.05【 ネット・パソコン
数ヶ月前からWindows Updateをすると必ず同じファイルがエラーを起こすようになり、うっとうしいので自動更新を切っておりました。
その後何度か手動でアップデートしたものの、やはり同じファイルがエラーに。どうしても更新できないのであれこれ調べて試して、そしてドツボに嵌りました(^^;

誰かの役に立つかもしれないので記しておきます。

エラーを起こすのは .NET Framework4 の更新ファイル。これ絡みのファイルはどうしてもインストールでエラーになります。通常のWindows更新ファイルは問題なし。

中間的な結果としては、私の場合、ダウンロードセンターから更新ファイルを手動でダウンロードしてクリックしてインストールできました。
最初に試すならまず手動インストールをどうぞ。PC再起動後、Windows Updateにて更新が認識されなければあれこれ始めるのがいいと思います。

以下、更新プログラムを手動でダウンロードし、適用する方法です。
  1. まずスタートメニューのWindows Updateにて「更新プログラムの確認」。
  2. 左側にある「更新履歴の表示」をクリックし、エラーになってしまうものの番号を確認。KB××××××××という数字です。
  3. ダウンロードセンターの検索ボックスにこのKB××××××××を入れ、検索。
  4. 出てきた結果の一番上が多分、そのファイルなのでそれをクリックし、表示された「ダウンロード」をクリック。
  5. 3つの選択肢が示されるので自分の環境に合ったものを選択。うちのは32bitだから86xだけど64bitなら64x(2つ出てくるうちのどちらか)。
  6. ダウンロードできたファイルをクリックして指示されるままにインストールすれば完了。
  7. 念のためPC再起動し、再びWindows Updateにて更新されているか確認。更新プログラム一覧からそれがなくなっていれば成功。
    再起動は各インストール毎にやらなくても、全てインストールし終えてからまとめて再起動でも大丈夫なようです。

これでも更新が認識されない場合はあれやこれやをやる必要があるようです。
とりあえずWindows プラットフォーム サポートの記事をご覧ください。

私のように、この前までに色々試して .NET Framework のアンインストール→再インストールをやってしまい、更新も最初からやり直しという羽目に陥り、最新1つだけだったエラー(更新ファイル)が13にも増えてしまって13個もダウンロードしてはインストールしなけりゃいけないという面倒くさい目に遭わないようご注意を。

私もひとまず、今ある分は更新できたからいいけど今後もずっと手動でやっていかなきゃならないのは御免こうむるので、もう少し手をかけなきゃいけないと思いその後も試行錯誤を続けてきたのですが、やればやるほど関係ない部分がおかしくなっていくのです。例えばタッチパッドのドライバが消えてしまったり、Windowsの更新ファイルが「成功」しているのにまた更新一覧に表示されるようになってしまって…。

更新認識がおかしいのはMicrosoftコミュニティの記事にある以下で直りましたが .NET Framework 関連は直りませんでした。
コマンドプロンプト(右クリックして「管理者権限で実行」)
net stop cryptsvc
(※ [Cryptographic Services サービスは正常に停止されました。] と表示されましたら次に進みます)
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

インストールの順序によってトラブルが起こっている場合はりんご恋歌さんの記事をご参考に。これをやると先述のとおり更新ファイルが増えますので解決しない時は後がちと面倒です。

で、私はもう諦めました。今後も手動で更新ファイルをダウンロードしてインストールします。OSからインストールし直せば多分直るのでしょうけど、たかがこれだけのためにあの苦労をする気はなし。

ちなみにこの .NET Framework というソフト、必須ではありません。こんな面倒なものは入れたくないですよね。
なのですがセキュリティソフトのカスペルスキーがこのプログラムを使っているため、.NET Framework が入っていないとセキュリティソフトが動かないという迷惑な話になっておりまして、仕方なく入れている次第です。

いや、ほんと迷惑。他のソフトのベースに使わせるなら更新くらいまともにできるようにしてくれよ…。

DELL mini12 で LinuxMint13 の無線LANがつながらない時の対処法

2014.04.23【 ネット・パソコン
一度痛い目に遭っているのにまたしても同じことをしてしまったおバカさんのために、3回目が起きても対処が楽になるよう、覚書。他の誰かの役にも立つかも。

症状としてはですね、無線LANがつながらない、必要なドライバがインストールできないのです。これは Broadcom BCM43×× 無線カードで有名な不具合だそうで、うちのinspiron1210 はBCM4312でした。
有線LANは特に設定しなくてもケーブルを挿すだけでつながります。

Synaptic パッケージマネージャまたはコマンドから必要なもの(b43-fwcutterとfirmware-b43-installer)をインストールして再起動しても「ファームウェア未検出」と表示されます。
「システム設定」-「追加のドライバ」から「Broadcom STA 無線ドライバ」を有効にするにクリックすると「できませんでした」と言われます。var/log/jockey.log を見ろとか言われても、見ても分からん。これをキーワードに検索して出てくるページは難しくて訳分からん。

結果的にはこちらに書かれたとおりに端末からコマンドを入れたら無線LANを拾って表示してくれるようになりました。一覧の中から自分のアクセスポイントを選んでパスワードを入れれば接続完了です。
ただし、上記ページにある yum というコマンドは「見つかりません」と拒否られたので b43-fwcutter は Synaptic マネージャからインストールして次へ進んでます。

無線が開通してから「追加のドライバ」を見たらやっぱり有効になっていないままでした。
これ有効にできなくてもつながるんだ。ふーん。メインPCにWin7と一緒に入れた同バージョンのMint13ではこれを有効にするクリック一発でつながったんですけどね。無線LANカードが違うとこうなるんでしょうかね。

そうそう、この前書いた Radio Tray で再生できないページがあったのも無線がつながったら解消しました。

メインPC(DELL Studio1555)へのインストールではこれっぽっちも突っかかることなくスムーズに完了して、問題なく使用できているのに。やはり古い非力なPCだと色々あるんだな。
でもWindowsXPの入っていたPCでネットを見る程度ならLinuxを知らなくても扱えるOSだと思います。ただし、インストールして日本語環境を整えるまで自分でやらなきゃいけないので、これが普及しない要因でしょうね。
初心者にはLTS長期サポート版を、低スペックなネットブックにはデスクトップ環境MATEを。
うちのStudio1210(CPU1.33GHz メモリ1GB HDD40GB)はcinnamon入れたら重かった…。

念のため、自分用に必要だったコマンドをコピペしておこう。野口さん、ありがとう。
$ が付いてる所がコマンド。
$ wget http://downloads.openwrt.org/sources/broadcom-wl-4.150.10.5.tar.bz2
$ tar xvjf broadcom-wl-4.150.10.5.tar.bz2
$ cd broadcom-wl-4.150.10.5/driver/
$ ls
config wl_ap_micro.o wl_apsta.o wl_apsta_mimo.o wl_sta_micro.o
wl_ap.o wl_ap_mimo.o wl_apsta_micro.o wl_sta.o wl_sta_mimo.o
$ sudo b43-fwcutter -w /lib/firmware/ wl_apsta_mimo.o
[sudo] password for noguchgi:
This file is recognised as:
ID : FW13
filename : wl_apsta_mimo.o
version : 410.2160
MD5 : cb8d70972b885b1f8883b943c0261a3c
Extracting b43/pcm5.fw
Extracting b43/ucode15.fw
Extracting b43/ucode14.fw
Extracting b43/ucode13.fw
Extracting b43/ucode11.fw
Extracting b43/ucode9.fw
Extracting b43/ucode5.fw
Extracting b43/lp0bsinitvals15.fw
Extracting b43/lp0initvals15.fw
Extracting b43/lp0bsinitvals14.fw
Extracting b43/lp0initvals14.fw
Extracting b43/a0g1bsinitvals13.fw
Extracting b43/a0g1initvals13.fw
Extracting b43/b0g0bsinitvals13.fw
Extracting b43/b0g0initvals13.fw
Extracting b43/lp0bsinitvals13.fw
Extracting b43/lp0initvals13.fw
Extracting b43/n0absinitvals11.fw
Extracting b43/n0bsinitvals11.fw
Extracting b43/n0initvals11.fw
Extracting b43/a0g1bsinitvals9.fw
Extracting b43/a0g0bsinitvals9.fw
Extracting b43/a0g1initvals9.fw
Extracting b43/a0g0initvals9.fw
Extracting b43/b0g0bsinitvals9.fw
Extracting b43/b0g0initvals9.fw
Extracting b43/a0g1bsinitvals5.fw
Extracting b43/a0g0bsinitvals5.fw
Extracting b43/a0g1initvals5.fw
Extracting b43/a0g0initvals5.fw
Extracting b43/b0g0bsinitvals5.fw
Extracting b43/b0g0initvals5.fw