富士のヒーリングサロン開店

私の大好きな「変なおじちゃん」・たけちゃんがヒーリングサロンを開きました。HP見てびっくりですよ。プロっぽい!まるでお店!って。←いや、本気のお店なんです
ソンレイル富士店

卓球部のページがあるところがたけちゃんです。卓球LOVEな人なんで。参拝フェチでもあり、神社仏閣その他パワースポットの案内もしてくれるようです。

私、エネルギーワーク(特にレイキ)をする男性は苦手なタイプがほとんどでした。権威を好む人が多くてね…。話していてうんざりしてくるの。でもたけちゃんは違います。煩悩より「愛♪」が前面に出てきてしまって(?)、何だか動物と人間の中間みたいな感じ。人じゃないのかも(笑)。
清水店の青木さんも知ってますがこちらも真っ直ぐなお方。

エネルギーワークを受けるなら人として「いいな」と思える人から受けてください。プラクティショナーの在り方を差し置いて技術優先で受けても身になりません。というか不快な気分が残ってしまっては逆効果ですから。パワフルさだけを強調するヒーリングも勧めません。

もちろんここで紹介するのは今の私がいいと思う人であって、それが他人に合うとは限りませんからその辺は自分でチェックしてくださいませ。

両輪の一輪

現在、変化の真っ只中におります。方向としては正しいと感じていてそっちへ進むことに対する不安はないのだけど、一気に物事が流れ始めたもので、あまりに流れが速すぎて大きすぎて足を取られるんじゃないかと不安になるくらい。

気心知れた友人に自分の状態をチェックしてもらい、軸を整えて流れに呑まれることなく乗りたいと思い、ヒーリングをお願いしました。

陽だまりのしっぽ mikaさん、相変わらずイイ仕事してます。的確な指摘、現実を見つめ地に足付けた視点、そして高い精度。技術的にも人としても信頼できるエネルギーワーカーです。

でもね、彼女は今、エネルギーワークを前面に出してないんです。必要な人に届くようひっそりと告知しているのみ。理由は何となく分かります。
だからヒーリングの感想も具体的に出さずにおきます。まあこんな私だからヒーリングを受けても神秘体験はありません(笑)。欲しいのはそういうんじゃないから。前進するにあたり非常に助かっているとだけ記しておきます。

エネルギーワークに飛びつきたいときというのは、現実から逃れたい状態のことが多いんですよね。目の前に横たわる問題を直視して正面から取り組むのは避けたいから(または辛いから)、自分の預かり知らない不思議レベルで何とかならないかなと考えてしまったりするのですよ。ええ、体験談です。

だけどそういう姿勢でいくらエネルギーワークを受けてもそれだけじゃ、現実はあまり変わらない。だって問題から目を逸らしたままだから。腹をくくって現実と対峙しない限り、人生は変わらないのさ。その対峙する場面において支えてくれるのがバッチやホメオパシーであったりACであったりヒーリングであったりするエネルギーワークの数々。

現実レベルの行動とエネルギーワークというのは、車椅子の両輪みたいなものだと思います。あるいは手漕ぎボートの左右のオール。片側だけ動かしても前には進めない。同じ場所をグルグルするだけ。両方がいい具合にかみ合って動くと確実に前へ進む。彼女が目指すのはそういうものだと理解しています。


異質なエネルギーを取り込む

2014.12.26【 大型犬を飼う
先日夕飯を食べていたらいつもは離れた場所にいる桜でんぶ(仮名)が寄ってきて、私の足に体をくっつけました。

…これは……気持ち悪いんだな!?

夫に新聞を広げて置くよう伝え、犬のお腹をさすりました。案の定、間もなく「うっ」とえづいたものの、今回は軽い吐き気のようで結局吐かずに終わりました。
そのとき、夫も桜でんぶ(仮名)のお腹に手を当てたんです。その瞬間、何か違う感覚が。何がどう、とは説明できないけど「ドーン」って感じ。

夫から「気」が桜でんぶ(仮名)に流れ込んだのだと思います。
男性的な気なのかもしれません。私のものとは全く違う性質のもの。違うから存在に気付いた。重量感のあるとても力強いエネルギーです。

桜でんぶ(仮名)はメスだし、性質から考えても私と同質のエネルギーが多いことでしょう。たまには夫の異質な(犬にとって)エネルギーを流してあげた方が桜でんぶ(仮名)の刺激になりそう。

というわけで、夫にはこう頼んであります。
「時間があるときに思い出したら犬に手を当ててやって。あんたの気はお嬢の体に良さそうだから。別に何もしなくていいからスーッとなでてあげて」
必死になるとかえって邪魔な気が入ってしまうので何も考えずリラックスしてなでているくらいがちょうど良いのです。
あ、夫はレイキも何も習ってませんよ。流れるのは夫本来の気そのもの。

ところでうちのお嬢さん、気持ち悪くなるとおかーさんに体をくっつけに来るところが可愛いでしょ。もうこちらも慣れたもので「あ、吐くよ」が分かります。
んで、気持ち悪いのがなくなるとスッと離れていくんですよ…。クールなヤツめ…。

言葉の力

日々の暮らしにおいて伝え方というものを工夫し、自分の意図が相手に正確に伝わりかつ相手が受け入れやすい言葉遣いを心がけるのはとても大切なことだと思います。人間は言葉でコミュニケーションする生き物だから。それを軽視するようだとちょっとヤバイ。
これはACであっても他のことであっても同じです。

その言葉そのものにも力があります。
「ありがとう」「愛してる」の浄化力は最大だと思います。言葉の意味にも響きにも強い力があります。声に出すことが重要なのです。使った人も受け取った相手も浄化されますから魔はそれを言われることを嫌います。逆に罵りや呪いの言葉には闇の力があって使った人をまず引っ張ります。こっちは使われても受け流せば大丈夫。

目に見えない世界は危ないところです。よどんだ心だと害のあるものにつながります。しかしそれらは一見、善き者であるかのように見せかけることがあります。不安定な心にはそれを見破る力がありません。己の弱さに背を向けた瞬間、魔は付け入ります。
そういうものがうろついている場へ踏み込むのがエネルギーワークです。常に己と向き合わなければいけないのが精神世界。本当に厳しい世界です。

そもそも、精神的に不安定な人は入っちゃダメです。もし今いるならすぐに出てください。
しかしながら、通常の精神状態であっても日々の暮らしの中で揺れることはありますよね。不安定になる時間も人間だからあって当然。

でも大丈夫。魔法のおまじないがあるから。

エネルギーワークをするのであれば尚のこと、日常生活の中で意識して浄化力の強い言葉を繰り返し繰り返し使いましょう。心をこめて。声に出して。
「ありがとう」
「愛してる」
「大好き」
「幸せ」
これだけで魔が退散します。使った人もその相手も浄化されます。自然と人生も好転します。百万回言ったって多すぎることはありません。これがあなたと愛するものを護ってくれます。

そうそう、魔物と化した人間と関わる必要があるときは笑顔で防御するといいですよ。関わらずに済むならもちろんその方がいいけどそうもいかない場合がありますよね。
その人の顔を見たら脊椎反射で最高の笑顔が出せるよう、鏡の前でシミュレーションして練習し体に叩き込んでおくのです。魔物は笑顔に浄化されることを嫌います。やがて、攻撃を遠ざけることができ、それがそこに存在することを許せるようになります。
時間はかかりますが神頼みよりずっと効果的で永続的ですよ。

酒が旨いのは健康な証

2014.05.02【 日々の出来事
29日に38度超えの熱を出して以来、まだ断酒中…。

熱自体は夕方からガンガン上がり始めて寝る頃にはもう下降の兆し、翌朝には微熱、更にその翌朝には平熱まで速やかに戻ったのですが胃腸の具合が非常に悪くて、36時間絶食というか全く食べられない状態でした。

それでもホメオパシーのおかげでこじれることもなく、熱も出るだけ出したらさっさとお引取りくださったのでありがたいこってす。
それと、夢現の間に串でブロックを弾く感覚が断続的にあったのでクォンタムタッチのコアも無意識にやっていたようです。これも効いたと思います。

10代の頃からこの時期は発熱→気管支炎という道筋がありまして、私にとっては熱の出る時期なようです(ちなみにアトピーをステロイドで抑え込んだ翌年から呼吸器疾患が始まりました)。でも今は熱がさっさと出てそれで終わるようになったのだからかなりの進歩ですよ。
元が健康で免疫力も普通にあるのでこれしきでは薬なんぞ飲みません。でも夫に38度超えたとか言うと薬を飲まされるので37度5分と言ってあります。6年前に39度の熱が出た時もそう言って言い逃れました(笑)。まあそれだけ他に症状がなくて元気があったということですが。

そういえばホメオパシーの専門家も風邪くらいではホメオパシーを使わなくなるらしいですね。体が風邪を引きたいのだから休養をしっかりとって症状を抑圧することなく出せるだけ出してやれば体はしっかり働いてくれて、要らないものを全部浄化してくれると前に読んだ本に書いてました。もちろん風邪に対抗できるくらい健康であることが前提ですけど。

熱の後って、体中から色んなものが出てくるんですよね…。まさしく浄化です。高ポテンシーのホメオパシーがヒットした時とそっくりなのが面白い。古い症状が次から次へと通り過ぎていきます。

ただ、不調は胃腸の不具合から始まったためまだそこが全快していなくて(始まったのとは逆の順番で治癒していく)、お酒が飲めません。いや、飲もうと思えば飲めるのだけど、酒は美味しく飲みたいので美味しく感じない日は飲まないのです。酒は健康でないと旨く感じない。
特に休肝日を設けなくても年2回通算1週間くらいは味覚による休肝日となります。

早く酒が旨いと思える体に戻りたい~。ゴールデンウィーク用の日本酒が冷やしてあるのに~。
頑張れ、自分の胃腸!

レイキを流すだけで人は変わるか

私が初めてレイキのエネルギーを流してもらったのはもう20年以上も前のことです。
当時、よく効く整体師として評判な人がいるとかで叔母夫婦が連れて行ってくれました。レイキを米国で学んできたそうで「気」についての説明もありましたがそれはあまり考えることなく、気功と同じようなものだと思ってました。とにかくやってもらうと楽になって、電池切れ寸前の体がフル充電されたようになるんです。

その後は実家の家族も行くようになり、母なんかはしょっちゅう行ってたみたいです。整体は効かないと拒んでいた兄も「あそこのだけは効く」と言って通っていました。昔の、しかも田舎ですから、霊氣なんて聞いたことないし全く分かんないけどあそこの整体は効くぞ、という状況。

エネルギーワークを学んだ今から考えれば、効くわけですよね。エネルギーレベルと肉体レベルの両方からケアされているんだから。

より良い生き方をしていくためのひとつの手法として私はレイキも紹介してきたんですが、ふとそんな昔のことを思い出して考えました。
母はずいぶんそこに通ってレイキも流してもらっているはずなのに、どうしてより良い方向へ進めなかったのだろう。いや、整体だけじゃなく他でもエネルギーヒーリングに該当することを散々やっているはずなのに。

流すだけじゃ人は変わらない。いくら多量に流そうとも。どんなに強いエネルギーであっても。

レイキを流すだけで変わるものなら母なんかとっくに違う人生を歩んでいたはずです。
そこには変わろうとする本人の意志が必要なのです。それなしには何も変わりません。
与えられた方向転換のきっかけを母がことごとく跳ね除けてきたことを考えたら、どうしても今の方向に進みたかったんでしょうかね…。

意志の力ってすごいなと変な意味で感心しました。
逆に言えば、変わろうとする意志を持ってエネルギーワークにも取り組めばきっと効果が出ると思いますよ。

オーラソーマ+エネルギーヒーリングのセッション

友人が最近、バリバリと(笑)セッションを開催してます。
私も今までにオーラソーマと波動調整をやってもらってます。波動調整の体験談はこちら ⇒前編 後編

彼女のオーラソーマは読み取りがものすごく深いのです。多分、彼女自身が自分を根底から変えていこうと考え、そのために己を深く観察しているからだろうと思います。それができる人は他者へのセッションでも深みのある内容を提供できるのでしょう。

セッションではその時のその人自身の状態や心の底で進みたいと思っている方向を鋭く明確に指摘します。単なるカラーセラピーではございません。怖いくらいですよ。選んだボトルに全て表れているようです。しかもこちらは、自分の意思でそのボトルを選んでいるから逃げ道なし(^^;
でもそれによって自分の現状を正確に把握し、望む方向への道筋を考えることができるようになります。

己の深層心理を目の前に突きつけられることにもなるので、自分と向き合いたくない人には彼女のセッションは向きません。が、だからこそ、それを受け入れた時には深いところからの癒しを得られます。

また、オープンな心で率直に自分を語ることがより深いセッションへの必須事項であることは、ACや他のセッションと同じです。自分のことを何も言わない人に双方向のセッションはできませんから。

私も進む方向にまた迷いが出てきたらオーラソーマをお願いしようと思っています。霊峰富士のふもとで受けるエネルギーワーク、いいですよ。
詳しくはこちら ⇒* It’s a beautiful day *

ついでに、会場となっている Myu’s color では、ワイヤーアートやMelody♪クリスタルワーク等の講座もやってます。ワイヤーアートで、部屋に置いていただけの石が身に着けるアクセサリーに早変わりしました。
Myu♪さんは連れ添いよりも何よりも石が好き、な「石バカ」(おっと失礼)です。私のハムスターバカといい勝負かな(笑)。
こちらも是非。