川遊びの強い味方

2015.05.26【 大型犬を飼う
暑くなりましたね。そろそろ川遊び解禁です。

川へは、ホースを付けた10リットルの水タンクに水道水を入れて持って行き、遊び終わったらその水で体を洗い流すようにしています。その後に活躍するのがDICROSのタオル。

友人からのプレゼントなのです。すごく高性能。すっぽり包み込んで拭くだけで、大型犬の体に付いた水をぐんぐん吸ってくれ、これ一枚あればあとは自然乾燥で足ります。毛があまりくっつかないから洗濯も楽だし乾きが早い。

もったいないからシャンプー時には使いません(笑)。

よめっこさん

2014.03.12【 日々の出来事
主に犬用(ハーブ粉砕と野菜すりつぶし)に使っていたイワタニ製ミルサーを買い換えました。その名も山本電気「ニューよめっこさん」。

面倒くさがりの私にとってイワタニの最大の難点はゴムパッキンでした。粉砕した粉がパッキンの中に入り込み、しかも非常に外しにくい。先の細いもので注意して引っ掛けて外さないとパッキンが傷付いてしまい、これがこの上なく面倒くさいと思いました。そのせいで気軽には使わない道具となっておりまして。昔の型にはパッキン付いてなかったのになぁ。

よめっこさんは、ネーミングとデザインはぱっとしないものの(笑)、性能と掃除のしやすさは抜群です。まあ、前のイワタニ製品の倍の値段ですけど。
粉末の細かさは写真で比べてみてください。どちらもローズヒップとネトルを30秒くらいかけた状態です。ミルサーはローズヒップだけをまず粉砕してからネトルを追加、よめっこさんは両方一緒に入れて粉砕開始。
イワタニ IFM650とよめっこさん 粉の比較
バードックやダンデライオンといった硬いハーブもきれいに微粉末となります。ミルサーではこなれなかったマリーゴールド(カレンデュラ)が見事粉々になりました。
おまけに、ハーブ全種類まとめて入れてガーッとやればいいので手間が省けます。ミルサーは容量とパワーの問題で硬いものから1~2種類ずつ順番にやっていましたので。
モーターが強いためミルサーより音が静か。玄米や大豆を粉砕できる馬力だそうです。

ミキサー機能も、ジュースカッターなしでもうちは全く問題ありませんでした。少しの水を入れるだけできれいに野菜をすりつぶしてくれます。イワタニのものよりかなり少ない水分できれいにこなれました。いわゆるスムージーの状態です。水が多すぎるとかえってつぶれなくなりますのでご注意を。

ニンジンを5mm厚くらいに切って放り込み30秒ほど回したところ、小豆粒大の塊が2個残り他はきれいなペースト状になりました。もう少し時間をかければ塊は無くなります。
300ccの容量で足りるかどうかは使う人によると思うのでしっかりチェックした方がいいですよ。

イワシのつみれが作れるくらいだから肉のミンチもできるのかな?そうなるとフードプロセッサーも要らなくなるぞ。何ができるか知りたいからレシピ冊子も付いてるといいのに。
置き場所としてはミルサーと同じくらいの面積で足ります。ミルとミキサーが分かれてない分、省スペースかな。
上ブタに中身がぺったり張り付いてしまって中が見えにくいのが難点かも。
内容器はステンレスでパッキンなし(フタにパッキンあり)。面倒くささを感じることなく洗え、料理への使用頻度が上がりました。内容器をばらして洗えれば尚良し、なんですが。

やっぱりね、生活用品はメンテナンスのしやすさも性能と同じくらい大切だわよ。気持ちよく使え気軽に清掃・洗浄できるものが一番。使う頻度の高いものほど、そう思います。


うちは粉砕カッターのみ付属1万円で十分でしたが、ジュースカッターも欲しい場合はデパートなどの実演販売で倍の値段出して買うか(そっちのジューサーはパッキン付いてるけどね)、カッター2種付きの旧タイプをオークションで買うしかないと思われます。
でも商品タグには「種類 ミキサー」と書かれていたので粉砕カッターのみでミルサーと同じ機能を果たせるのではないでしょうか。フードプロセッサーの機能が欲しければジュースカッターも必要なのかも。

説明書を見たら製造元の山本電気は福島の会社でした。福島だからという理由だけで買うことはないですが、優れた国産家電製品としてお奨めします。

そのままの姿で

2014.02.05【 大型犬を飼う
桜でんぶ(仮名)、可愛いですけど顔について「もうちょっとここがこうだったら」と思うことがあります。

先日、ぽちの和 まつばらさんに迷子札を作っていただいた際、ちょっとそんなことをこぼしちゃったんですよ。そしたらまつばらさんが
「こんな加工もできるし、加工無しでも工夫するとこのくらいになるよ」
とやって見せてくれたんです。まつばらさんは迷子札ひとつ作るにも細やかな配慮をしてくれて、本当にオススメです。

ところが驚いたことにそれを見た私の反応は
「これは桜でんぶ(仮名)じゃない」
でした。

こうだったらいいのに、が完璧に叶えられているんですよ。それなのにこの反応。
我ながら驚き混乱しました。そして改めて知りました。桜でんぶ(仮名)はこのまんまの姿でこそ桜でんぶ(仮名)であるのだ、そして私は今のままの桜でんぶ(仮名)丸ごとが好きで、欠点(というほどじゃないけど)にまで愛着を持っているのだ、ということを。

人間って不思議。
もし夫が頭ふさふさのお腹すっきりな姿で現れたら
「これは私の夫ではない!」
と思うのかも。←何気にひどいことを

「こいつがもっと図太い神経だったら(お互い)楽なのに」と思うけど、図太い桜でんぶ(仮名)はうちの桜でんぶ(仮名)じゃないんですね、きっと。

お嬢さん、外見も性格も今のまんま、そのまんまでいてください。色々言うけど(笑)そのまんまでOK。ってか、そのまんまであってこそお前らしいのだ。

犬の迷子札

2014.01.20【 大型犬を飼う
友人がブログで迷子札を紹介していて、それがとっても可愛らしくてかつ、しっかりしていそうだったので私も注文してみました。

ぽちの和 まつばらさんの作ってくれる迷子札。色も写真も記載事項も好きなようにできます。
私はオレンジで作りましたが最初は他の色にしようと思ったんです。が、サンプルを見て犬の顔がそれだと映えないことに気付きました。選んだ「オレンジ」も犬の毛色が映えるよう色調の調整をしてくれて、出来上がりは犬にしっくり来るものでした。

うちのお嬢は写真機密扱い(笑)なんで迷子札も見せられませんが上記mikaさんのブログには実物が載ってます。これ、犬だけじゃなくて迷子が心配な人間のペンダントにもできますよね。

ころんとした丸さが愛らしく、想像以上にしっかりした作りで、どういう構造なのかこねくり回してチェックしちゃいました。通常使用における1年以内の不具合は作り直していただけるそうです。送料込み1000円でこれはお買い得だと思います。
まつばらさんのブログは、肩の力が抜けた自然な態勢で犬のケアについて語られていて、読む側にもすっと入ってきますよ。

臭い物入れの会話

2013.10.13【 日々の出来事
桜でんぶ(仮名)のうんち入れとなったタッパーの気持ちになってみました。以下、臭い物を入れられているタッパーたちの会話です。

くさや入れ:「くさや、臭いよ、くさや。体に臭さが滲みついちゃって取れやしない」
キムチ入れ:「あたしなんて色まで着いちゃってるわよ」
うんち入れ:「オレなんか犬のうんこだよ…。しかもちょっと軟らかいヤツ。ほんと泣ける…」
くさや入れ:「くさやで良かった…」

想像したらひとりで笑いました。
,

車内のウンパック

2013.10.12【 大型犬を飼う
盲導犬の里 富士ハーネスでもらった犬用品カタログに面白い物を見つけました。それは「ドンパック」↓という名のうんち入れ。マグネット付きの樹脂製で車体に貼り付けて走れるそうです。

あー、それはナイス。ビニル袋だと車の中がすごい臭いになっちゃうもんね。
富士ハーネスのはデザインがオリジナルになってました。

欲しいなと思ったのですがうちの場合は容量が心配で結局買いませんでした。新聞紙で取るので1回分でもぎゅうぎゅうじゃないかと。2回目も入れられるくらいの余裕が欲しいよなぁと思いまして。
それと、貼り付け方が悪いとまれに走行中落ちるとかで、世間のご迷惑(笑)になるのもあれかと。

現在は100円で買った1.2リットルの密封タッパーに入れてます。臭い漏れなし、これなら2回目も余裕。新聞紙を使わないなら大型犬でも1リットルとか800ccで十分だと思います。
ただし、臭いが内側の樹脂に付きます。これは仕方ない。けど臭うのは開けたときだけなので実際車内は問題なし。

本当は金属性がいいと思って探したんですよ。金属なら臭いも染み付かないから。韓国のステンレス製キムチ入れや国産でもステンレスタッパーが見つかって、それらがいいと思ったのですが送料含めた値段に諦めました。だけど100均のタッパーも十分な機能ですよ。
ま、食品を入れようと生まれたはずのタッパーには「桜でんぶ(仮名)のうんちでごめん;;」ですけどね。

玄米クリア

2013.09.06【 大型犬を飼う
玄米入りのドライフードを食べるとお腹が緩くなるうちの犬。
獣医さんによれば、桜でんぶ(仮名)の場合はアレルギーではなく玄米の繊維質を消化できないためで、少しずつ慣れさせていけば消化できるようになるとのこと。

かれこれ2年近くかけて玄米入りフードの割合を増やしていき、とうとう玄米入りのみでも大丈夫になりました!いやー、うれしいです。
最初の段階が一番長かったかな。カップ1.5杯(朝食の分量)の1割から始めて、3割から5割まではかなり時間がかかり2年の内のほとんどを費やしましたがそこを超えたらあっという間でした。季節によってお腹の状態に変動はあるものの、体調が低下する冬でもほぼ問題なくなったと思われます。

何で玄米入りにこだわっているかというと、うちの場合は関節疾患のせいでナス科の食物(トマトやジャガイモ)を控えているのでドライフードでそれらを除くと大抵は玄米入りになるからです。それなのに玄米もダメとなると選択肢がほとんどなくなってしまうのです。それに、できれば有機認定されているドライフードを使いたい。有機フードの多くが玄米を使っています。

ドライフードを止めればそういう悩みもなくなるんでしょうが、防災上の不安もあり、消化不良を変えていける状況であるならとりあえず腹を鍛えてみるべ、ってなところです。ただし、ちゃんと診断を受けた上でないと危険ですけどね。アレルギーだったら下手するとアナフィラキシーショックを起こして死に至る危険性もあるので。

以上、オーガニックフードを張り切って選んでいる飼い主でした。
ついでに、関節疾患のケアについては以下を参考にしています。