ちっともこの15年を振り返らない件;;

HP・ブログ閉鎖まで残り4ヶ月。なのにちっともレイラの事故やその後に関するあれこれを振り返らないで、いいのだろうか。

ええ、いいんです。だって私が見つめているのは「今」であって過去じゃないから。振り返るのは4年ほど前にHPでやったしね。

健康診断で訪れた動物病院の獣医師の初歩的ミスにより命を落とした可愛いうちのコ。
レイラの事故に関する出来事と向き合った日々は今の私にとって大きな糧となっています。例えば、「これは一体どうすればいいんだ」と頭を抱えるような問題にぶつかった時。にっちもさっちもいかない状況にもがいている時。自分に問いかけます。
「この問題とレイラの事故と、どっちが困難?レイラの死と比べてこれはもっと辛い内容か?」

答えはもちろん、レイラの事故の方が困難でそれに比べたらきっと乗り越えられる内容、です。

だって大切な者が誰も命を落としたわけじゃない。いくら辛くても苦しくても哀しくても腹立たしくても、私は何一つ大切な存在は失っていない。あの出来事を乗り越えたのだからこれも乗り越えられる。だから大丈夫。進め、自分。そう自分を励ましながら。

そして実際、頭を切り替えて乗り越えてきました。きれいに解決したことばかりではないけれども、自分にできる精一杯をやってそれでもう結果は手放してきました。思い通りの結果になるばかりじゃないよ。でもやれることを全力でやっての結果だから受け入れます。

これに限った話じゃないんですけど、
「○○があったから今の私がある」
「○○のおかげで」
なんて言葉を引っ張り出すことなく、もっと自然な形で言動に深みが表れたらいいなと思っています。真に過去を消化吸収していたらそうなるだろうと思うから。それに、何かを特別扱いするのって苦手なんで…。

このブログを書き始めた時は、方法論を紹介しようと考えていました。私が試してみて良いと思った手法を紹介することで同じような状況にある誰かの助けになるかもしれない、と。

ただ、今はこう考えています。
読む人には、方法論ではなく本質をつかんでほしい。方法論は枝葉末節。そこじゃなくて幹の部分を見つけてほしい。何を重視して何と向き合えばいいのかを考えながらその人に合った手法やそれを提供してくれる人物を探して試していけば、必ず朝は来るし、雲を突き抜けられるから。

こうして書ける場があるありがたさ

実を言うと半年以上前に一瞬、「ここは恵方」をもう閉じてもいいのではないかと感じました。
ですがそれはすぐに却下しました。理由は主に2つ。

ひとつは、診察台から落ちて死傷するハムスターがいなくなったわけではないのだから危険性を知らせ続ける必要があると考えたこと。また、訪問者で結構多いのが、猫の落下事故に対する応急処置などの情報を求める方です。ベランダから落ちる事故が多いようです。飼い主にできる対処方法も載せていますので。必要としている人がいるということです。

そういえば数年前には英国で、(人間の)病院の診察台から落ちた患者さんが亡くなる事故がありました。それを見て悲しくなったものです。

そしてもうひとつが、このブログは私にとって必要であること。
HPを閉鎖するという事は blue-paciica.com のドメインを手放すという事(そう決めています)。この場があることで私はずいぶん助かりました。まだ必要、そう思ったのです。そしてこの場があることのありがたさを改めて感じました。

匿名でしか書けない内容があります。近親者との確執に関わる話は、特に。身内やご近所さんや仕事関係者が私と知った上で見る可能性のある場所には書けないことがあるのです。またレイラの命を絶った動物病院が特定されるようなことがあっても困ります。非難するのが目的じゃないから。だから私を特定できそうな情報は載せないようにしてきました。

私はここでこうして書きながら自分の内側を整理し、次に取るべき行動を見定めてきました。愚痴を言って終わるのは嫌だし、読む人も気分が暗くなるだけで何のメリットもないから、「じゃあどうする」という観点を忘れないようにしてきました。それができる時ばかりではなかったけれども、常に意識はしてきました。

記事を公開する前には数日かけて推敲します。少なくとも数回、複雑な内容なら数十回。一時的な感情で書いていないか、読んだ誰かを傷付けることがないか、正確でない内容を書いていないか。

内側からの認識に外側(他者)からの認識を持ち込むことで出来事を相対化し、それにより自分とより深く向き合い、成長するきっかけをもらってきました。

上記2つの理由が今も無くなったわけではありません。このブログがあればあった方が便利かなとも思います。が、手放してみる決意をしました。過去を手放します。大事なことはもう私の中に「在る」のだから。そう決めたら何だかとても軽くなりました。

年末まで、この14年間を振り返りつつゆるゆると続けます。もうしばしお付き合いください。

ここは恵方 閉鎖予定のお知らせ

2017.01.27【 お知らせ
2003年からの14年間、長らく続けてきたHPですが、今年いっぱいで閉鎖しようと決めました。このブログも共に。

ついにこの過去を手放す時期が来ました。まさかこんな日が来るなんて思ってもみませんでした。

もう要らない、ではないのです。獣医師の過失により命を落としたレイラの事故から始まった沢山の出来事を全て消化吸収し終え、自らの成長を助ける栄養とすることができました。全てが私の内に「在る」のです。だから感謝を込めて、HP運営は終わりにします。

とはいえ、blue-pacifica.comのドメインを更新したばかりなので今年いっぱいはブログもゆるゆると続く予定。何かの役に立つ内容がありましたら今のうちにコピーしておいてください。

犬の病院、ネズミの病院

桜でんぶ(仮名)が通っている動物病院はハムスターを飼っていた頃とは別の病院です。犬を飼うことになって犬用に探しました。

ハムスターの病院選びについて説明しておきましょう。長いので興味ない方は飛ばしてください。

動物病院で診療する愛玩動物の分類は「犬」「猫」「その他(エキゾチック)」となっており、犬猫については歯科や内科など人間と同じように専門分野が細かく分かれています。その他は魚類からほ乳類まで全てひとくくり。この分類についてはHPにて紹介しています
以下も含め10年前の情報ですから変わってきた部分があるかもしれません。

「その他」に該当するハムスターの場合、基本的に大学では診察について教えませんから専門的に勉強した獣医師を学校以外で探さないといけないのです。診察方法は限られ、できる治療も犬と比べたらかなり少ない(ほとんどない)のが実情。
おまけに卵巣子宮摘出手術ひとつとっても、小さなネズミを「治す」ための手術は難しく、犬のそれに比べ高度な技術を必要とします。薬剤の禁忌も犬や猫とは違い、それを知らない獣医師が処方した抗生剤により死亡した例も多く報告されています。ネズミの解剖はしたことあるけど治療はしたことない、という新米獣医師がほとんどでしょう。

ただ、今はエキゾチック診療科が専門課程の選択肢として存在する大学もあるようで、ありがたいことです。また、若い世代の獣医師にはエキゾチック診療に対する意識の壁がかなり取り払われてきているようにも感じます。

設備面でも、ハムスターに使える数少ない検査機器であるレントゲンとエコーは、高精度の高額設備となります。ネズミや小鳥を視野に入れない病院ではわざわざ高い機器を入れることはありませんでした。
ただし、かつては犬猫用では役に立たないため人間の歯科用高精度レントゲンを使っていたそうですがデジタル化した今は、犬猫用でも高精度のものがあり兼用できるようです。

また、臆病で体の小さな動物は通院時の負担も大きいので片道1時間以内を考えていました。
まあそんなわけで、通える範囲で適切な治療ができるネズミの病院探しはかなり悩んだものです。

実は私が選んだネズミの病院は、診療については申し分ない技術と知識と経験、それに設備を持っていたのですが、獣医師の飼い主に対する対応がちょっとね。動物を愛するあまり飼い主に怒りをぶつけたり見下したりするような傾向があり、人間同士のコミュニケーションに問題を感じていました。悪気じゃない、それどころか動物を思う余りなのは分かってるんですけどね…。やっぱり意思の疎通は納得いく診療のためには必要でしょ。
だけど診療レベルをとれば他に選択肢はなかったのです(他院がどれもどうにもならないレベルで0か100かの選択だった)。「ここでダメなら他でやってもダメだろう」と思える高い治療レベルだったのでお世話になりました。

それに比べると犬の病院は選択肢が豊富でした。ハイレベルでなくても日常生活を支援できるレベルで人間とのコミュニケーションも適切な獣医師は複数いました。その中から獣医師の価値観をチェックし自然療法も受け入れてくれそうな病院を選んだわけです。
ネズミの病院は犬の病院としてももちろん優秀であったわけですが、いくら診療レベルが高くても獣医師と意思の疎通が難しい状態では長年にわたって付き合っていかなければならない動物の診療をお願いするのは無理かなぁと思いました。

こうして決めた犬の病院。桜でんぶ(仮名)と暮らすようになったある日、もし今、何らかの偶然によりハムスターを飼うことになったらそこに連れて行けるだろうかとふと考えたのです。

最初の頃は
「ないな。最初からリサーチし直して見つからなければ、遠いけど前のネズミの病院へ行くだろうな(渋々)」
と思ったのですが、最近はこう思うようになりました。
「まずこの獣医さんに相談してみる。ネズミの診療がどの程度までできるのか、そのコの状態を処置できるのか、ここで通院可能か、他へ転院した方がいいか、話してみる。この獣医さんは自分の力量を把握しているから自分の力の及ぶ範囲であればやれると言うだろうし、もっと専門的な技術を持つ人に任せた方がよいと思えばそう言ってくれるはず」

私、今の獣医さんを信頼しているんですね。ハムスターの診療に関しては未知数なのに。自分でもちょっと驚き。

通い始めは不安になったこともありましたがそれはきっとお互い様でしょう。犬の通院で長らくやり取りしている間にその誠実さを強く感じるようになりました。
技術的には必要十分な平均的レベルだと思います。いわゆる名医とは違う。でも大事なのはそこじゃないんですね。種類に関係なく動物のことを大切に考えてくれ、かつ飼い主の意思も尊重してくれます。西洋医学だけに偏らず広い分野から治療に関するノウハウを受け入れる思考回路を持っています。
治療を進める中で、ここまでできる、これ以上は自分じゃなくて専門の病院に任せた方が成功率は上がる、という判断基準を明確に示してくれます。
待合室にあるハムスターの本はなかなか良い内容だし。何より、人間同士のコミュニケーションがしっかりとれるのは大きい。

ネズミの病院探しであれば初期段階にはじく病院です。だから以前は犬の病院とネズミの病院は同じにはなり得ないと思っていましたが今は、同じ病院もありかも、と思っています。

人間って変わるもんだ…。というより、関わってみないと分からないことって大きいね。

苦痛を乗り越えたと感じた瞬間

10年前レイラの事故があった動物病院は生活圏内にありました。頻繁に通る道ではなかったものの、何ヶ月かに1回くらいはその病院の前を通るのです。
これが苦痛で。

事故を起こしておいて居直った獣医師に対し、怒りを感じるのは当然のこと。
でもそれを憎しみや恨みに練り上げるのは方向として間違っていると早い段階で感じていたので、言うべきことは言った上で、後は自分のケアに努めました。

そうは言っても、やっぱり辛いのです。日常生活の中でその現場を通ることがある、という現実が。
おまけに、私ってば「もう痛くないかも(治ったかも)?」なんて思って現場を見つめてしまうのです。バカですよね。見なけりゃいいのに。あれですよ、傷が治りかけると塩をもみこんで治ったか確認しちゃうタイプ。んで、またしても痛い思いをしちゃうの。

そんなこんなで当時、引越しを企てたのですが失敗に終わりました。今となればあの時失敗していて良かったなと思いますけど。

その後も更に己を見つめ続け、レイラの問題だけでなく人生において抱えている荷物をひとつずつ整理し、解き放ち、手放したり改造したりしていきました。かの獣医師を許すこともできました(前編後編)。そしてレイラとACによって対話することで自分の中で片が付いたのです(その1その2)。
「ああ、終わった」と感じました。

それから間もなく、件の病院前を通る機会がありました。行きはじっと見つめました。うん、心は痛くない。
帰りは通ったことすら忘れていました。もう大丈夫。

時期を同じくして、飼っていたハムスター2匹が相次いで逝きました。2ヶ月の間に、あっという間に。彼らにも2歳を越えさせてやることはできなかったけれども、彼らがその時担っていた役割を終えたのでしょう。AC仲間に見守られた幸せな終末期を過ごすことができました。そして、私にとってのハムスターとの暮らしが一段落しました。

その後、犬が来て、OMソーラーの家に住むようになりました。そのままそこで家をリフォームするか、手放して新しい土地に家を建てるか、自由に選べました。
以前は「この土地を離れたい」しかなかったんですよ。だけど、ネガティブな理由で選ぶのが心の底では嫌だったんです。ネガティブなままだと引っ越したとしてもずっと引きずるから。選ぶなら「これは嫌だからそれ以外」ではなく「これがいい」というポジティブな理由で選びたかった。
だから、それができるようになって本当にうれしかったです。もうあの苦痛から開放されたと実感しました。

ただ、私は問題に立ち向かえる状態であると感じたから退きませんでしたが、それができない心身状態の場合もありますからそういう時は一旦退く方がいいと思います。そして自分をケアし、時期が来たらまた改めて向き合えばいいのです。
いつが時期かって?退くことのメリットとデメリットを比較して、デメリットが自分の中で大きくなった(=メリットが小さくなった)時が時期です。退いたままでいる事がたまらなく辛いと感じたとき、それが時期です。

それにしても、もう10年を超えているんですねぇ。ついこの間のようにも感じるし、ずっと昔の事のようにも感じるし、10年というのはそういう時間なんですかね。

あの世でニヤリ

2013.10.19【 動物の話
大型犬を飼っていた知り合いがいるんです。もう10年近く前に犬は病死したのですが、知人はかなりのペットロスに陥ったらしいです。今は元気にガーデニングしてますけどね。

先日会ったのでおしゃべりしていたら、その人は10年来トレーニングジムに通っているという話が出てきて、すごく意外で驚きました。なんときっかけはその犬。

犬が元気な頃は2階の寝室へも自力で階段の上り下りができて一緒に寝ていたのに、病気になってそれができなくなり、人間が背負ってやらなければいけなくなったんだって。しかも夫婦2人暮らしで夫の単身赴任中。妻がやるしかないんだけど、その知人は見るからに体力なし・筋力なし・健康という言葉に興味もなし(すいません~)。とてもじゃないけど大型犬を背負えるような人じゃない。

そこで一念発起してジムに通い体力をつけ、軽々とうちのコを背負って上り下りできるようになったそうです。以来、そのコが亡くなってもジム通いは気に入って続いているとのこと。

そのコ、あの世でほくそ笑んでいると思いますよ。
「ふふふ。狙い通り。ぼくの置き土産を気に入ってくれたみたいだね」
なーんてね。そのコのためでなければ、間違っても自分のためになんか体力作りなんてしなかっただろう人ですから(笑)。やってみたら体が快適になったんでしょうね。

飼い主はペットの健康ばかり考えて己の健康に配慮しないことが多々あります。でもね、彼らが望むのは飼い主が心身ともに健やかで幸せであることなのですよ。そのためにはどんな手を使ってでも気付かせようとしますからね。その犬だって、夫の単身赴任中を狙って(と言ったら言葉が悪いけどタイミングを計って)発症したと思われるし。

ペットを幸せにするためにも飼い主の皆さん、自分の心身をケアしましょうね。関連情報としてHPのペットを幸せにする方法もどうぞ。

そういえば↑のページがHP最後の1ページなんですよ。これを書いてHPは「完」となり私もネット上の活動から引き上げるつもりだったんです。なのになぜかこうしてここでブログを書いている。未来なんて分からないものです。

動物病院との付き合い方の参考になる情報

HPの[SIDE:A]にて動物病院との付き合い方に関するアンケートを続けています。

集まった情報は、数は多くないですが病院と前向きに関わっていこうとする意思のある方たちによるもので、悩んだ時の参考になります。何よりも「自分の経験が誰かの役に立つなら」という意識で投稿してくださっているのがありがたい。文句を言うだけだったら簡単ですが、それじゃどうすればその状況を変えられるかまで考えて行動するのは力の要ることです。

獣医師に対するあれこれ(プラスもマイナスも)は病院関係者が読んだ時に参考になるよう作ったものです。飼い主が自分の不安ポイントを確認する意味もあります。
一方、飼い主側の参考となるのが、病院と付き合っていく上で気をつけていることや秘訣などの項目。一生懸命コミュニケーションをとろうと頑張っている姿が浮かびます。これに応えてくれる病院を見つけましょう。諦めなければきっと見つかります。

スマホの狭い画面だと読みづらいと思います。アンケートプログラムが吐き出すHTMLそのままなので読みにくくてごめんなさいということで。cgiをいじるガッツがあったらおいおい変えていきたいとは思ってますが…期待しないでください。

何年か前にHPの構成をいじって今の構成になったのですがここに来てまた、どういう配置にすればいいのか迷い始めたのでした。文書の倉庫となっている[SIDE:A] [SIDE:B]にも役に立つのではないかと思われるページがありまして、トップページに持ってきた方がいいのかとか考え中。だけど今の構成にどうしてもなっちゃうんだよなぁ…。

【追記】
スマホでも見やすいように回答を折りたたんで編集した集計結果ページを設置しました。ただしリアルタイムの集計結果ではありません(手作業で編集してます)。また javascript 無効だと折りたたみできません(リアルタイム集計と同じ配置)のであしからず。