恐るべし おばあちゃんの知恵袋

2017.07.05【 現実的対処法
先日の話の続き。

最も根本的な対処へと意識が移るきっかけになったおばあちゃんの知恵袋。
すいません、実はちょっと馬鹿にしてました。お白湯とか。それが、試してみたら今までやってきた方法のどれよりも効くのです。長い時間をかけて積み重ねられた知恵をあなどってはいけませんでした。

未だかつてないひどいぎっくり腰になってしまった夫がびわの葉&こんにゃく温湿布と里芋パスタ―利用(ホメオパシー併用)により3日で治ったのが衝撃的でした。しゃがんだら立ち上がるのに15分かかっていた人が3日で生活に支障ない程度まで回復。ホメオパシー単独より速い…。

私はお腹がひどく張って痛みのあまり歩けなくなることがあります。ホメオパシーやその他によりかなり改善されて日常はほぼ支障なくなったものの、症状は完全になくなったわけではなく、年に何回かは痛むお腹を抱えます。でも食生活を変えたら頻度も程度も更に低減しました。もし症状が出てもお手当(梅醤番茶)により速やかに収束でき、非常にうれしいです。25年来の悩みでしたから。
最近は朝起き抜けのコーヒー2杯を味噌スープ1杯+コーヒー1杯にしています。味噌スープは昆布の粉末を少しに天然醸造味噌をたっぷり熱湯で溶くだけ。美味しいし、お腹の調子がとても良いです。ただし味噌の質が悪いと意味なし。

思うに、エネルギーワークを学ぶことによって私は主に魂を整え、生活そのものを整えることで主に肉体を整えてきたのだと思います。それでも届かなかった部分がおばあちゃんの知恵によって整うまでに至ったのかな。そもそも、最初にやるべきケアだったのかと。

物質的ケアとエネルギー的ケア。肉体のケアと魂のケア。多分、これが車輪の両輪なのだと思います。併用するからこそ高い相乗効果が得られるのでは。

お手当とか食養生とか大森一慧さん、若杉友子さん、東城百合子さん辺りの本がおすすめです。「食」の枠を超え、生きること暮らすことを全身で体感する人生への誘いに感じます。日本人のDNAに合った暮らし方だと思いますよ。生きることに疲れている方には特にオススメ。

うちは人間が肉と乳製品を(ごちそうとして)食べるのは年に数えるくらいですが魚はちょくちょく食べるし、甘いものも酒もNGとはしていません。

ただ玄米と調味料は完全に切り替えました。玄米で食べる分は無農薬、でも精米する分は義理もあるので親戚から農薬を使った米を買っています。塩は天日塩、味噌と醤油は天然醸造のもの。
これだけで体が変わりました。3kg痩せて浮腫み軽減(夫は5kg)。体調が崩れたときの対処もより楽になりました。それ以外は、体調を維持できる程度にほどほどでやってます。

今現在、疾患を抱えて苦しんでいるのであれば若杉友子さんの厳しさが必要だと思います。まだ余裕があるようならそこまで厳格にしなくても少しずつ試していけばいいのでは。

書いてあること100%やらなければいけないと思ったらそれはもう方法論に陥っていますから、ご注意を。できない理由を探すよりも、できる事をひとつでもふたつでも見つけて試してみればいい。興味があるならね。楽しい実験のつもりで。

,

健康診断徒然

2015.09.16【 日々の出来事
今年も健診の日がやってまいりました。朝ごはん抜きなのは別にいいけど大好きなコーヒー飲めないのが…ね。

かつて、コーヒーをブラックで飲んで血液検査受けたことがありまして。いやね、煎茶がOKならコーヒーだって同じだろうと思ったんですよ。砂糖を入れるわけじゃなし。そしたらばっちり血糖値高めになりました…。←おバカさん

考えてみれば、コーヒーはそのままでも甘みがありますからわずかに糖を含んでいるのでしょう。だから飲めば体が反応して当然。でもまあ、そういうのも毎年受けるから試せるわけで(笑)。

30代前半、最も心身の状態が悪かった頃は、あちこち色々ありましたが心電図にも異状が出ておりました。要再検査まではいかなくて経過観察程度でしたが。思えばあの頃は相当心も疲れていたんだな。ストレートに心臓(=心)を指していたのだから。立ち止まって自分の状態をしっかり見てみなよ、という体からの声だったのかもしれません。

今は異常なしで過ごしていますが、年々血圧が上がってきているのがちょっと気になります。元々低血圧で上が100いかないことが多かったのに(調子悪いと80台)、今は120とか平気で超えることがあってビックリ。

低血圧が治った!なんて喜んではいけません。心臓が血を力強く送り出しているわけではなくて、この年だとその力は変わらなくても血管壁が硬直した(あるいは付着物で狭まった)からであろうことは容易に想像できるからです。やだー;;

といってもネガティブ思考になっているわけではなくて、今後そこそこポンコツになってくるであろう自分の体をそのまんま認識し、困らない程度にそこそこ動かして、付き合っていこうと思うだけ。

前回の人間ドックから2年だから、来年あたりまた受けようかなー。←結構楽しんだ人

世代交代

2015.08.18【 日々の出来事
同級生と女同士のおしゃべりをしていると、体の変調(年齢から考えたら適切な変化ではあるのだけど)に話が及びます。ふと思ったんですよね。

私には子供はいないけれども、彼女らの子供世代は種としての適切な繁殖力を持つような年齢になってきて、親世代は繁殖から引退する時期になったわけです。見事な世代交代だと思うのですよ。生物ってすごいなって思います。

こういう思考回路は生物学系なのかもしれません。同じ理系でも分野が違えばこういう視点に同意できない人もいますから。

生物学的なメスとしての役割を終えることを拒む人もいるでしょうが、荷物をひとつ下ろせるのだと思えば私は歓迎します。生理痛もなくなるし、何かをするのに時期をあれこれ配慮する必要もなくなるし。性別から解放され自由でよりニュートラルな状態になれる気がします。

また、閉経した女性を馬鹿にする人もいるようですが、そういう人は繁殖しか頭にないのかもしれません。人としてちっちゃいな。他の生物と違い、人間にとって生殖能力というのは存在のほんの一部分でしかないのに。

今までと違うことに対して不安になるのも当然だけど、新しいステージが始まって新しい時間がやってくるのだと思えばそう悪くもないさ。命を次代につないだら死んでしまう生物も多い中、人間はその後も長いのだから、色んな変化を楽しまなきゃ。

梅雨時の食餌

2015.06.08【 大型犬を飼う
昨年はこの時期にひどく体調を崩した桜でんぶ(仮名)。今までだったら何ともなかった環境要因が重くのしかかってくるほど、大きく体が変化(老化)したのでしょうか。今年はちょっと気をつけようと思います。

薬膳の本を読んでいて、ラム肉は体を温めるとあったので秋口までラムは休止。ドライフードもラム原料でないものに。

梅雨時は滞る湿気を排出することが大事だそうで。ざっと調べてこんな傾向でした。
  • 白身魚(特にスズキが良い)、肉なら鶏と牛
  • 香り野菜
  • 陳皮(干したミカンの皮)
  • さつまいも、かぼちゃ、キャベツ、きのこ類、瓜類、豆類、とうもろこし(特にひげ)

利尿作用のある物、一時的に熱を発生させて湿気を排出する物、気を巡らせて湿気を排出する物、消化機能を向上させる物、のようです。キレイの「いろは」にある記述が分かりやすいかな。
犬には向かない食材もあるでしょうからその辺は配慮して。
しばらくは魚の出番を増やそうと思います。元々桜でんぶ(仮名)のお腹には白身魚が最も合うので、あとは単価の問題。アラや値引き品を上手く使えばいけるでしょう。スズキはなかなか見ないけどね。
ショウガを使うなら生のまま非加熱が良さそう。

そういえば先日、花壇に生えた青シソをむしゃむしゃ食べていました。今までは見向きもしなかったのに。それを体が欲する気候になったのでしょうね。

ついでに人間用も情報収集。梅雨時は油っこい物、甘い物、冷たい物はよろしくないらしい。消化に負担の大きい物や体を冷やす物は避けた方がいいわけね。砂糖は脾に負荷をかけるからこの時期控えるべし、だそうで。だるい体にアイスクリームは最悪ってこと?適切に体を動かして汗をかくことも大事だそうです。

ここのところ私も体がだるく感じています。人がそうなら犬もそうなのでしょう、散歩はさっさと切り上げて帰りたがります。梅雨明けまで、気分転換程度の散歩をしたらあとはゆっくりするように心掛けます。

1滴の油で保湿

2015.03.04【 日々の出来事
そろそろ乾燥する季節も終わりだけど。

ゆず種日本酒ジェルで保湿は万全…だったのに、つけてもすぐにかさついてしまう時期がありました。理由は…水分を外側から覆って乾かないようにしてくれる皮脂が足りない!
汗をかかない時期は皮脂腺からの分泌も減るんですよね。あ、年とともに減る分もありますよ。特にかさつくのが頬と唇。唇には皮脂腺がないから外からの補充が必須です。

で、5日間だけ食用油を利用して補いました。1日1回1滴のみジェル(化粧水でも)と混ぜて気になる部分に伸ばすだけ。先に一度保湿液なりで水分を補充しておくと伸びがいいです。放っておいてもてかるようなおでこや鼻筋には油は要らないと思います。
それ以上付けると皮膚が余分なものを排出しようとして吹き出物を出現させるから注意。
それから長期間続けると皮脂腺が皮脂を分泌しにくくなるので注意。体は楽させるとすぐにさぼりますからね。どうにも足りない分は補うにしても与え過ぎは逆効果。頑張らせつつ足りない分を少な目に補うのが体を最大限働かせるさじ加減だと考えてます。

「足りてないよ!」という情報が常にフィードバックされる程度に不足させておいた方がいいと思うのよ。付け過ぎて「皮脂過剰!」なんて情報がフィードバックされちゃったらますます皮脂が減るかもしれないから。

同じ理由で保湿ジェルもそろそろ使うのを止める予定。

尚、油は先に書いた理由で溶媒抽出でないものを
使わずに置けば酸化が進みますから料理用からちょっともらうくらいでいいんじゃないでしょうか。オリーブ油は皮脂の組成と近いって言いますからエキストラバージンオリーブ油とか。

酒を飲まない日

2015.03.02【 日々の出来事
朝のコーヒーと夜の蒸留酒を何より楽しみにしている私。
そんな私が何を間違えたか、酒を飲む日を半減させました。一体、何が!?

なんちゃって。
いやね、じりじりと地道に続く体重増加に「このままではまたパンツのサイズを上げなければならん」と危機感を覚えまして。とりあえず増加を止めようと思ったのですよ。あわよくば少し戻したい。

私の場合、高校生の頃が一番重くて今より10kg近く多かったかな。バスケやってたから筋肉もついてたし脂肪もついて「(夫曰く)パンパン」でした(ほっとけ)。が、ここ20年以上は3kgの幅で体重は一定。
最近その幅(上限)を突破した日が複数現れまして…。

体重1kg分の脂肪を減らすのには7200kcalのカロリーダウンまたは消費が必要、それを1ヶ月でやろうとしたら1日240kcal。菓子パン1個やご飯1膳より少ないカロリーです。

が、しかし。あたしゃ、それほど食べてないさ。間食は時々するけど量は少し。食事量が多いわけでもない。減らせる部分があまりないのよ。10年前と比べ食べる量は減ったけどそれ以上に代謝が落ちているんだろうな。でも必要な栄養素を切り捨ててまでカロリーダウンする気は無し。かといってこれ以上運動する気もなし。
そう考えると、大した栄養素を含まず摂取しているのは夜の酒くらいか。最近、酒が残っているように感じる日もあるもんなぁ。1杯(100cc)でちょうど240kcalくらいだからとりあえずやってみるべ。

というわけで、週に3~4日は夜の酒をはと麦茶に変えたというわけです。酒は、水曜は1杯だけ、金・土は飲み放題(といってもせいぜい3杯)つまみ付き、日曜はその時の気分で1杯飲むか飲まないか決めるという形。我慢すると続かないから我慢ではなく楽しめる程度で。2ヶ月で1kg減できたらいいなと。

こうして飲まない日を作ってみたら、結構イイ。朝ごはんがおいしい。ああ、やっぱ対処しきれなくなっていたんだなと。肝臓も年をとるのね。
そしてはと麦茶が美味しい。大好きな酒の代わりにするのだから好みに合ったものでなきゃ、と考えて選んだのが当たりだったようです。飲むのが楽しみで。水分の排出が悪い体質でビールを飲んでもトイレにはいかないのに、はと麦茶だと出ます。小だけでなくお通じまで良くなりました。
何より最大の効果は酒がより美味しく飲めるようになったこと(笑)。これだけでもやった甲斐あり。軽い制限(メリハリ)は大事だね。

風呂上りに、我慢ではなく新たな楽しみが加わりました。

1ヶ月やってみて肝心の体重は少し戻りました。500gくらいだけど。月15日だからちょうど計算と合います。もう1ヶ月で1kgになっていたらありがたい。もし減らずとも、体調も気分も良い状態ができているのでOK。
だけどね、体重を減らすために完全断酒するくらいならパンツのサイズを上げますわ(笑)。

ちなみに、今より10kg多かった10代の頃とそれより10kg少ない30年後の今とでは、ウエストサイズが同じです…。
,

更年期のホメオパシー

2014.12.11【 ホメオパシー
更年期という言葉が身近になった今日この頃。特に明確な症状があるわけじゃないけど体の変化は感じております。
友人は30代早々に更年期と診断されました。男3人の子育てに自身の難病が重なりかなり疲弊していて、体も心も悲鳴を上げていたのでしょう。あの頃ホメオパシーを知っていればなぁ…と今更ながら思います。

ホメオパシーで更年期障害というとまず頭に浮かぶのが Lachesis。
南米の毒ヘビです。攻撃的なイメージがあってLach.の典型は個人的には好きじゃない在り方です。というか、ああなりたくはないなって思う。
更年期障害の女性ってそういうイメージなんですかね…。不安定で手当たり次第人に攻撃仕掛けるような。もっと静かな更年期もあるんだけど。

Lach.の本質は強いエネルギーが出口を求めのたうちまわるのだと認識しています。つまりこの典型となるのはエネルギーレベルの高い人ですよね。パワーはあるけど使い方が分からない。適切な使い方(出口)を与えてやればすごい力を発揮するのではないかと。
ま、通常はそうじゃなくても更年期でそういうエネルギー状態になることもあるでしょう。

他に、女性のトラブルときたらSepia。
停滞感がキーワードです。ホルモンバランスの乱れを正します。

ホルモンバランスの変化に心身の対応が追いつかないのだからCalc-c も選択肢に入るかな。Calc-c は例えば、子供から大人に遷移する思春期、生から死へ移行する看取り期など変化を受け入れて対応するときに使えます。

とりあえず Sepia と Lach.を摂ってみたところ、眠りが深くなりました。一度寝たらまず起きない性質だった私が近頃は夜明け前からちょくちょく目覚めてしまうのは、ホルモンバランスの変化のせいだったのかも。別々に摂ってみれば良かったな。そしたらどちらがどう合うのか見極められるから。

各レメディに合致する症状は検索すると色々出てきますよ。
ホメオパシーじゃないけど韓国の汗蒸幕(サウナ)でヨモギ蒸しに使われるヨモギは婦人病に良いと言われてますよね。汗蒸幕行くなら更年期がいいかも。

生殖器は常に先頭に立ってダメージを受けてくれます。他の、生命維持により重要な臓器を守るために。感謝しないとね。
40代というのは、若くてバリバリ動けた時代は終わり、違う在り方を模索する時期なのだと思います。体の声も聞いてやりましょ。

ところで、最近は男性も更年期障害を発症する人が多いのだと言ったら夫は「へー」と言ってました。知らんかったのか…。5年以上前から結構あちこちで話題にされてたのに。
同じテレビを見ていても同じ新聞を読んでいても、キャッチする内容は人により全く違うんだなと思ったのでした。