怒りは純粋なエネルギー

HPにこんな一節を書きました。該当ページ
私が人を憎むようになったらレイラは絶対に悲しむ。あいつの心はとても純粋だったから。だからこの怒りを憎しみに育ててはいけない。…でも、どうすればこの無念を昇華できるのだろう。
レイラは死んだハムスター、ここでいう「人」は事故を起こした獣医師です。最初から最後までサイテーの対応だったと今でも思います。

それでも、憎むのは間違った対応です。恨むのもまた同じこと。
サイテーの対応に間違った対応で返しては、自分まで相手と同じレベルになってしまいます。そんなのって嫌じゃないですか?
「このバカ女と同レベルには絶対!!!なりたくないね。私がバカ飼い主に成り下がったら死んだレイラが気の毒だ」
私はそう思いました。

その一方で、抱えきれないほどのやりきれなさと怒りを持て余し、これをどうすればいいのか途方に暮れていたのも事実です。

怒りは純粋なエネルギーです。使い方さえ間違えなければ爆発的なパワーで新しい道を創る原動力となります。

怒りは憎しみや恨みとは違います。
怒りは創造を生みますが、憎しみも恨みも自らにへばりついて締め上げるだけで何も生みません。苦しめるだけです。
怒りはその場で怒りとして放出してしまえば残りません。
怒りはサラサラしたものですが、憎しみも恨みも練りに練ってドロドロベタベタに熟成されています。

もちろん人に当り散らすのは間違った使い方です。あくまでも活動するためのエネルギー源とするのが正解。
また、恨みを唱え続けると同じようなドロドロしたものを持った人が集まってきて、余計に苦しくなりますよ。

怒りを怒りとして出すことは今の時代、なかなか難しいかもしれません。
下記の本が多少でも参考になると思います。


私は怒りを獣医師団体への提言やネットでの啓蒙活動に使いました。
ただし、
  • 提言は冷静に、できれば箇条書きくらいまでまとめて。
  • 感情は抜き、理論で組み立てる。

これができないなら(できるまでの努力をしないなら)提言なんてしない方がいいです。どんなに重要な内容であっても訴え方がおかしければ誰も見向きもしませんし、その後一切聞いてはもらえません。
やり直しは…だいぶ難しいでしょうね。一度落ちた信用は取り戻すのが難しいですから(だからしない方がいいと思うのです)。

ちなみに私が書いたのはこんな内容です。おかげさまで、真面目にハムスターの診療を学んでいる獣医師にはその危険性を理解してもらえるようになりました。
  • ハムスターにとって診察台からの落下は致命傷につながる
  • 実際にレイラ以外にも死亡事故が起きている
  • 獣医師と飼い主が危険性を認識することで事故は防ぐことができる

私の場合、ネットの活動だけでは解放できない感情が大きかったため、その後も色々と試すこととなりました。それについてもまたそのうち書くと思います。

あなたの中に怒りはありますか?
もしあるとすれば、それは貴重なエネルギー源です。否定などせず大切に思ってあげてください。

それはどんなもので、どこから来るか、突き止めてみましたか?
その原因に対してあなたは何ができますか?
直接できることがなければ関係のないことでも構いません。今の自分にできることをきちんとやりましょう。回り回って思いがけない角度から原因に作用する日が来るかもしれません。

「今」をきちんと暮らすのはとても大切で意外と難しいことです。
それができなくて、もっと大きなことはできないでしょ?

何もしなければ何も起こりません。
でも、意識を目的に向けてわずかでも動き出せばそれだけ距離は縮まります。意識を向けることについてもまた後ほど。

使用前・使用後の見本がここにいるのですから、安心して怒りのエネルギーを使ってください。
くれぐれも使い方を間違えないでね。

InternetExplorer 7で表示が崩れる

2011.04.11【 ネット・パソコン
多分、どこかで誰かの役に立つと思うのでメモ。

久しぶりのHTML&CSSいじりで、あーでもないこーでもないと散々試行錯誤したその内容が6年前にやったことと同じで、しかもその結末も同じだったことにちょっとだけガッカリした私です。
早く気付けよ、自分。

脳は使わないと衰えるものですね…。
さて本題のIE7で表示が崩れる件について。

FireFoxやOperaではきれいに表示されているのに、IE系だけがおかしい。それも中途半端にCSSを読んでいる…。

一部しかCSSが読み込まれないというのは初めての経験でした。
検索して色々試した結果、今回の場合はCSSの読み込まれた部分と読み込まれてない部分との間に「コメントアウトした日本語(全角文字)」が入っていたのが原因でした。
具体的にはこんなもの。

body {
color: black;
background-color: #FFFFFF;
margin: 0px;
padding: 0px;
text-align: center;
line-height: 170%;
}

p,dl,ol,ul,dd,dt,blockquote,div,span{
line-height : 170%; /*行間を空ける*/ ←これ
}

#inbox {
margin:10px auto 10px auto;
width: 760px;
text-align:left;
background-color: #FFFFFF;
padding: 0px 0px 0px 0px;
border: 1px solid #00FFFF;
}

表現方法が統一されてないというツッコミは無しで。そのうちきれいにしますんで。

#inboxの前までは指示通りに表示されているのに、その先が全く無視されている状態でした。
まさかとは思いましたが結果的にはこの「 /*行間を空ける*/」が悪さをしていたようで、削除したらきちんと表示されるようになりました。

掲示板で見つけた回答に「読まれている部分と読まれていない部分の間に何かしらの問題があるはずだから探してみて」とあり、それに従ったおかげです。
私が聞いたわけじゃないけど、回答してくれた人、ありがとう。助かりました。

CSSを全く読み込んでない場合は、CSSファイルのアドレス指定が間違っているとか、先頭に@charset “文字コード”; 入れるとか、また違う対策が必要ですが、部分的にしか読んでくれないなら有効な探し方だと思います。

んが!納得いかない!
HPの方はこのコメントアウトの仕方でちゃんとIEが読んでいるのに、どうしてこのページだけおかしくなるんだ?と思ったら、こんな問題があるのを今見つけました。
http://www.seoteams.com/kihon/05.html
昔はOKだったのにねぇ。っていうか、それじゃあ何で今もHPはIE7できちんと表示されてるの???

やはり疑問は尽きません。

検索している中でIE6のおバカチン具合が酷評されていることを知り、驚きました。CSSの解釈にかなり問題があるんですねぇ。
普段IE使ってないんで気付かなかったです。
IE6持ってないんでこのブログがどう表示されるかも分かんないけど。

HP作った時はNetscapeNavigator 4.x のおバカさんぶりに苦労したのに、今や天下のIEがそれにとって変わるおバカさんだとは。
時代は変わったんだか変わってないんだか…。
未だにCSSを思い通りにできない自分も、きっと変わってないと思われます。

レイラからのメッセージ

アニマル・コミュニケーションをご存知でしょうか。

最近は「天才!志村どうぶつ園」というTV番組でもハイジさんが動物の言葉を伝えてくれてますよね。
動物の心を伝えるのがアニマル・コミュニケーション。ただ単に通訳するだけでなく、飼い主に彼らの思いを伝えるのです。

そんなアニマル・コミュニケーションの手法によって、事故で死んだレイラからのメッセージを受け取りました。
というより本当は、最期の瞬間が来る前にじっと私を見つめていたあの時、レイラが何を言いたかったのかを知りたかったのです。
以下、レイラからのメッセージです。

あの時伝えたかったのは…

ありがとう、ありがとう、ありがとう。
大好き。
私は幸せだった。
可愛い子供たちを産み育てることが出来て、私の生は充実したものだった。素晴らしい一生だった。
こんなに幸せな生を送ることができて本当にありがたい。

そう言ってたの。

自分の寿命や生をどこで終わらせるかは大体分かってるから、それをあなたの人生に最大限生かせる形で幕引きできて本当にうれしい。役に立ててうれしい。

今、あなたが人間関係で色々と考えてるのは新しい一歩の中だから。
NOは伝える、自分の意思は伝える、それで終わりになる人もいるよ。逆もまたしかり。
でも話し合いできない相手であってもそれなりに関わっていける道もある。

0と100の間に何本の道を見出せるか、挑戦してみるのもいいんじゃない?
人は多様であるなら、関係性もまた多様であると思うから。

頑張ったね。よくここまで来たね。
ずっと見守ってた。待ってたよ。


0と100というのは白黒はっきりさせたがる私の性格を指していると思います。完璧でないなら要らないという考え方も。
白でも黒でもない、多様な色が存在することを受け入れて、活用していきなさいと言われたように感じます。

人間関係では相変わらずつまづいたり転んだりしています。それでも「自分らしく在る」ことをやめるつもりはありません。

新しい毎日が始まります。

再び発信始めます

2011.04.09【 お知らせ
HPでお目にかかった皆様には大変ご無沙汰しております。
また発信を始めることとなりました。主な目的としてはHPに書いてきた内容の補足を考えています。

HPをご存じない方は自己紹介をご覧ください。

これからどれだけ続くのか、自分にどれ程の情報があるのか、さっぱり分かりません。とりあえず道はこちらにつながっていたということで、しばしよろしくお願いします。

Site Map

2011.04.08【 サイトマップ