恐るべし おばあちゃんの知恵袋

2017.07.05【 現実的対処法
先日の話の続き。

最も根本的な対処へと意識が移るきっかけになったおばあちゃんの知恵袋。
すいません、実はちょっと馬鹿にしてました。お白湯とか。それが、試してみたら今までやってきた方法のどれよりも効くのです。長い時間をかけて積み重ねられた知恵をあなどってはいけませんでした。

未だかつてないひどいぎっくり腰になってしまった夫がびわの葉&こんにゃく温湿布と里芋パスタ―利用(ホメオパシー併用)により3日で治ったのが衝撃的でした。しゃがんだら立ち上がるのに15分かかっていた人が3日で生活に支障ない程度まで回復。ホメオパシー単独より速い…。

私はお腹がひどく張って痛みのあまり歩けなくなることがあります。ホメオパシーやその他によりかなり改善されて日常はほぼ支障なくなったものの、症状は完全になくなったわけではなく、年に何回かは痛むお腹を抱えます。でも食生活を変えたら頻度も程度も更に低減しました。もし症状が出てもお手当(梅醤番茶)により速やかに収束でき、非常にうれしいです。25年来の悩みでしたから。
最近は朝起き抜けのコーヒー2杯を味噌スープ1杯+コーヒー1杯にしています。味噌スープは昆布の粉末を少しに天然醸造味噌をたっぷり熱湯で溶くだけ。美味しいし、お腹の調子がとても良いです。ただし味噌の質が悪いと意味なし。

思うに、エネルギーワークを学ぶことによって私は主に魂を整え、生活そのものを整えることで主に肉体を整えてきたのだと思います。それでも届かなかった部分がおばあちゃんの知恵によって整うまでに至ったのかな。そもそも、最初にやるべきケアだったのかと。

物質的ケアとエネルギー的ケア。肉体のケアと魂のケア。多分、これが車輪の両輪なのだと思います。併用するからこそ高い相乗効果が得られるのでは。

お手当とか食養生とか大森一慧さん、若杉友子さん、東城百合子さん辺りの本がおすすめです。「食」の枠を超え、生きること暮らすことを全身で体感する人生への誘いに感じます。日本人のDNAに合った暮らし方だと思いますよ。生きることに疲れている方には特にオススメ。

うちは人間が肉と乳製品を(ごちそうとして)食べるのは年に数えるくらいですが魚はちょくちょく食べるし、甘いものも酒もNGとはしていません。

ただ玄米と調味料は完全に切り替えました。玄米で食べる分は無農薬、でも精米する分は義理もあるので親戚から農薬を使った米を買っています。塩は天日塩、味噌と醤油は天然醸造のもの。
これだけで体が変わりました。3kg痩せて浮腫み軽減(夫は5kg)。体調が崩れたときの対処もより楽になりました。それ以外は、体調を維持できる程度にほどほどでやってます。

今現在、疾患を抱えて苦しんでいるのであれば若杉友子さんの厳しさが必要だと思います。まだ余裕があるようならそこまで厳格にしなくても少しずつ試していけばいいのでは。

書いてあること100%やらなければいけないと思ったらそれはもう方法論に陥っていますから、ご注意を。できない理由を探すよりも、できる事をひとつでもふたつでも見つけて試してみればいい。興味があるならね。楽しい実験のつもりで。

,

健康と加工度のパラドックス

2015.12.30【 現実的対処法
食に関して私の中ではこういう優先順位があります。
食材そのもの>抽出物>加工品>合成品

食材そのものは言うまでもなく肉や魚や野菜、そして野草もハーブもここ。工業製品から見たら原料と言えるもの。生命力が最も残っている状態です。発酵調味料も微生物の作り出したものだからここに入れてます。
ハムスターを自然のもので育てるとなぜかにょきにょき大きくなります(笑)。
※ハムスターは伸び続ける歯を一定長さに保つため固い物をかじる必要があり、そのためにはペレットタイプのドライフードが別途必須です。

抽出物は食材から絞ったりして取り出し、濃縮したようなもの。
例えば砂糖や玉締めのごま油、漢方薬・生薬。海藻から抽出した寒天もこれですかね。手を加えた分、エネルギーは落ちるでしょうが特定の何かをたくさん必要とする場合には役立ちます。またそのままでは摂取しにくい食材が摂りやすい形になったりもします。
フラワーエッセンスやホメオパシーもここだと思いますがエネルギーを強化する手法を使っているので、エネルギー低下の心配はありません。というかこれらはエネルギーの抽出物ですね。

加工品は工業的な、合成品は化学的な加工の度合いが高い製品。
元の生命体(原料)が持っていたはずの生命力がかなり減っていると感じます。あるいは人体が解毒できない物質を含む可能性あり。これだけで生活すると体が悲鳴を上げそう。ビタミン摂るならサプリより果物食え、って感じ。
今どきの加工品は原材料に合成品を多く使っている率が高く、区別できないことがほとんど。原材料次第では食材そのものと同列に扱う場合もあり。

ドッグフードは加工品かな。インスタントラーメン(の汁)やバランス栄養食(カロリーメイト等)は加工品であるものの材料に合成品を使っているので、合成品寄りの加工品という認識。ドッグフードも合成品寄りか。
ビタミン錠剤や先の記事で書いたデキストリンは合成品。西洋医薬も合成品。溶媒抽出したごま油は抽出品なのだけど化学的手法で抽出しており、溶媒がごく微量残っているはずなのでこっち寄り。

で、思いました。食材だけで体を適切な状態に維持できるのは健康な個体だけじゃないかと。
何らかの疾患・不具合を抱えている個体は少なくとも抽出物を利用して、もっと深刻なら合成品である西洋医薬を利用して症状をコントロールしなければ生活の質は保てません。健康を考えるからこそ自然にあるもので暮らしたいのに、バランスが崩れすぎていてコントロールには加工したものが必要。なんだかとっても逆説的。でもそれが現実。

私ね、西洋医学を否定する気はないのですよ。だってそれが発展したのはなぜかと言えば、東洋医学や自然療法だけでは対処できない疾患があったからなわけで、必要性は十分あったわけです。だから適材適所で使いわければいいと思うんですよね。

ただ、食に関しては加工品・合成品を主として暮らしていると食べ物から得られるエネルギーはかなり不足すると思います。栄養素の吸収率も自然の物より劣ります。それは生命力、自然治癒力の低下につながります。医療であっても何かが置いてけぼりを食います。

バランスって大事。あまりに偏った思考と行動は健康とは違う方向へ向くと思います。使えるものは使いながら、ほどほどに暮らすのがいいんじゃないですかね。最初は加工した品が必要であっても変わっていくかもしれませんから。

アドラー心理学

2015.07.22【 現実的対処法
心理学を学びたいという姪っ子に「コミックでわかるアドラー心理学」というマンガをプレゼントしました。私も読んでみましたが、心理学という難解そうなものを具体的に分かりやすく噛み砕いて書いてありました。


私がこの10年間で学んだことやたどり着いた視点と同じことがたくさん載っていて、自分の進んできた道は理屈にあったものだったのだなと思いました。例えばこんなもの。
  • 人は自分専用のメガネで世界を見ている(仮想論)。
  • 自己分析や自分探しをいくらやっても自分は見つからないし問題は解決しない。本当の自分を探すんじゃない、自分を変えるんだ。
  • 行動を変えれば周りも変わる。性格も変わる。性格は社会に合わせるための表現方法であるから。

今までに読んだ禅僧の言葉ともかなり重なりました。夫がこのマンガを読んで「お釈迦様っぽい…」と言ったくらいですから、まあそんな感じなのでしょう。
心理学の入門書としても良さそうです。

人生は、頭で考えるほど複雑でもないし、難しくもない。
行動してみればそれが分かるよ。

考え過ぎるのを止めてみた

2015.01.26【 現実的対処法
何かをするのに、一旦頭の中でシミュレーションしてまとめてから行動していました。
でもね、例えば「車で出るから(雑用の)あれとこれとそれと…」と道筋を考えながらピックアップしていって5つ超えるともうそれだけで疲れちゃって、やる気が失せていたんです。結局出ること自体をやめちゃったり。

よろしくないなと思いました。支障があるって。

で、考えることを止めました。正確には「考えすぎる」ことを。用事はピックアップしますよ。でも、あそこに寄って次はこう通ってここへ…なんてシミュレーションはしない。メモに書くだけでそれ以上はせず、行動を決めたらそこで思考を止める。考えずに行動する。動きながら考える。
おかげでかなり楽になりました。以前はおつかいに出るだけでも一旦頭で考えてから動いていたので2回行くのと同じくらいエネルギー使ってたんですね。考えた段階でもう行って来たのと同じくらい消耗していたのだと気付いた次第です。

いつからシミュレーション後に行動するようになったのかな。海外旅行のプランニングで徹底的にシミュレーションした名残かも。今と違い情報がわずかな中、乗り継ぎとかあれやこれや不確定要素が多かったから練りに練っていたのです。その癖がついてしまったのかもしれません。

確かに行動の目的を定めたり的確なポイントをまとめておくのは大事。だけどそれも常にやる必要はないわけで、通常シミュレーションする必要もありません。ましてや人生の岐路において損得勘定や成功率を考えて足踏みするのは違うと思うのです。本当に考えるべき場面・内容というのは数少ないのでしょう。

行動力があって夢を実現している人というのはまず動いてみる人が多いように感じます。何かをかなえるためにまずやってみて、問題があったら立ち止まり考え、行動を改善してまた動く。そうなりたいと思います。

私みたいに思考優位なタイプはそれを半分に制限するだけでもかなり楽になると思いますよ。止めようと思ってもじっとしていたらいつまでも頭は動いてしまうのでそういう時は、体を動かすのです。まず立ち上がる。上着を着てかばんを持つ。行動が始まると頭を止めることができますよ。

杉花粉症の薬を飲むので

2015.01.15【 現実的対処法
うちには杉花粉症患者が約1名。杉花粉だけじゃないけどね。
例年なら秋が深まる頃から薬を飲み始めるのだけど今年は年明けまでもったとかで(薬膳効果か?)、年明けから花粉症の薬を飲み始めました。

最初はネトル単独から始まった人間用ハーブ。やがて基本のハーブ3種に増え、この秋口にお腹の調子がよろしくないからとマシュウマロウを加え、今度は投薬が始まるからとミルクシスルを加え。それもあまり考えずに混ぜるようになりました。
これは犬のおかげだなぁ。犬用にハーブをブレンドする思考回路と環境があるからこそ気軽に試せるのです。

ペットはこういう飼い主の進化を喜んでくれるんですよ。ペットのために始めたことが結果として人間に還元されていくのを何より喜んでくれます。

5月くらいまではミルクシスル入りのハーブをヨーグルトにかけて食べることになりそうです。私は杉花粉症ではないけど春はデトックスの季節だからちょうどいいかな。

ちょこっと薬膳

2014.09.24【 現実的対処法
最近、薬膳の本を見ています。読んでいるとは言えないパラパラ度なので「見て」いるってことで(笑)。

体のために頑張ろう、なんて高尚な心ではございません。桜でんぶ(仮名)の漢方薬はやはりそれなりの値段するものなので、食べ方の工夫で補える分は補って漢方薬を余分に使わないようになれば節約できる、というドケチ的発想です(^^;
まあついでに人間も、食べ方だけで色々調整できるならラッキー、くらいの気持ちで。

元が面倒くさがりなのでこのためだけに特別な食材を買ったり通常しない調理をわざわざしたり、ということは致しません。食材の組み合わせを少し考慮するとか調理法を少し配慮するとか、そのくらい。そのための知識が欲しくて。

中医学っていうんですかね。漢方とか鍼灸とか経絡とかそういう考え方の中心になっている考え方。人間も自然の一部であり住地域の自然が移り変わるのと連動して変化しているというのは、私にはとっても納得できるものでした。
うちは普段から季節のもの地域で採れるものを中心に食べているので、薬膳といっても基本的には同じでいいようです。

例えば、冬瓜。夏の終わりに旬を迎え、冬まで常温保存できるから冬瓜という名前がついたそうで、夏野菜でうり科らしく体の熱を取り排尿を促す性質があります。

うちはこの時期よく食べます。夏は良いけど涼しくなってから食べると体冷えちゃうのかなと少々気になっていたのですが、生では寒性・涼性(体の熱を取る性質)の食材も加熱すると平性(中間の性質)に傾くとのことで一安心。蒸す、茹でる、焼く、揚げるの順で温める効果が強いそうです。
さらには温性・熱性(体を温める性質)の生姜や唐辛子などと組み合わせることで体を温める方向へ傾くそうで。
こうした工夫により、体を冷やすことなく利尿作用(デトックス効果)だけ利用することができるわけです。そういうところを知りたかったの。

ついでに、他の野菜でもそうなのだけど冬瓜の薬効は実より種やわたや皮の部分に強くあり、桜でんぶ(仮名)には生姜と一緒に煮たわたと種の部分をよめっこさんですりつぶして与えてます。

特に女性は冷えが気になることって多いですよね。
お腹に良いけど涼性で体を冷やすヨーグルトは常温に戻してから食べるとか、寒性・涼性の多い果物の中で桃とみかんは温性だからそっちを選ぶとか、寒性・涼性の食材は加熱するか温性・熱性の食材と組み合わせて食べるとか、ほんのちょっとした工夫で体の冷えを防げるならいいと思いません?

それから、夏は「気」(生命力)が汗と共に流れ出てしまう季節だそうで、秋口にだるいのはそのせいだと書かれていました。気を補うには米を食え!だって。なるほど、新米の季節ですな…。昔の人が気骨があったのは米をたくさん食べていたから?
また秋は乾燥が体にダメージを与えがちな季節だと。呼吸器の弱い我が夫婦も秋(特に10月)は体調が悪いんです。で、果物食べるなら梨がいいそうで。なるほど、旬の果物ですな。でも食べ過ぎると冷えるので注意。子供の頃、梨狩りで大玉4個食べてお腹壊した経験が…。ああ確かに、梨は体を冷やす食べ物だわ(笑)。

今までどおり肩肘張らず、少しだけ薬膳の考え方を取り入れてやっていこうと思います。

人も一緒にハーブ基本3種

2014.08.14【 現実的対処法
桜でんぶ(仮名)がハーブを使うようになり、人間もついでに使い始めました。基本のハーブ3種、ネトル、ダンデリオン、ローズヒップです。
私はハーブティNGなため、食べるハーブです。

きっかけは夫の花粉症。ネトルが効くとの情報から春に使い始め、私も皮膚疾患は多い方なので一緒に使い、それが意外と美味しかったので夏以降も継続。夏は紫外線対策にビタミンC摂取のためローズヒップを混ぜ、やがて夫の肝機能を考えダンデリオンも混ぜるように。

よめっこさんで粉末にしてテーブルに常備し、朝食時に各自ヨーグルトに混ぜて使います。食べる分にはネトルが好き(ティにすると嫌いな味だけど)。ダンデリオンを混ぜたら泥臭くなるかと心配したのですがこれくらいなら全く気にならない味です。

今や、春はネトル2で他は1、夏はローズヒップ2で他は1の割合を定番として食べています。
ダンデリオンは焙煎して飲むとコーヒー風でまあまあ美味しいのだけどやっぱり本物の自家焙煎コーヒーの方が断然美味しい。私はコーヒーが大好きでかつ健康体なのであえてそれをタンポポにする必要もなく、ずーっと前に試したきりだったのがこれで摂れるようになりました。

ハーブティは苦手という人、結構いると思うのです。苦手だけど体のために摂りたいと思っている方は食べることを考えてみてはいかがでしょう。
塩を混ぜてご飯用のふりかけにしたらネトルなんか意外とイケルかも?
,