NO!Baby Communication

太尾和子さんが珍しく憤慨していらっしゃいまして。ブログの内容を読んで、なるほどと思いました。ACをかじった人が、言葉を話し始める前の赤ちゃんと接触して親に言葉を伝えるという商売をしているらしいのです。

検証ができないからその正確性は全く分からないとか、子供の未来を果てしなく限定してしまうリスクとか、たくさんの問題を持った行為だと思います。私の心に一番強く反応したのはこんな内容。
親がBaby communicationで知らされた内容を信じこんで、その子の目的のために「ピアノの練習をさせること」に固執するあまり、本来子どもを育てていくのに一番大切なことが置き去りにされてしまうかもしれないのです。(中略)子どもたち一人一人にはもっと多様な可能性があるのです。
詳しくは太尾さんのブログをどうぞ。

私はテレパシー利用についてこんな風に考えています。

人間は言語というコミュニケーション手段を使って生きる生物です。そうである以上、人間同士は可能な限り言葉で相手に伝えるべきだと思うのです。考えただけで相手が理解して何かしてくれるような環境は、楽でしょうけれども、人をダメにする。どうすれば自分の意図が伝わるか一生懸命試行錯誤することに意義があると思うから。テレパシーでやり取りするのは死んでしまったり意識のない相手とだけでいいでしょう?

この話に限らず、自己肯定感を味わうために子供を利用するのはやめてほしいなと心底思います。

お話し会-アニマルコミュニケーションを深く追求してゆく

アニマルコミュニケーター横尾美香さんが師と仰ぐ太尾和子さんとのコラボにてお話し会を開催するそうです。その意図するところは美香さんのブログにて。

このブログでこうして紹介できるのもこれが最後かと思うと、ちょっと寂しい気もします。太尾さんも美香さんも心根の真っ直ぐな方達で、自分の持っているものを提供することで誰かの役に立つなら、誰かの成長を手助けできるなら喜んで!という精神です。

怪しげなエネルギーワークの世界へ足を踏み入れるなら、人として真っ当な(できれば人として尊敬できる)講師を選んでくださいね。その点で私はこの2人を信頼しています。

このお話し会では、アニマルコミュニケーションを学んでいる方、セミプロ、プロの方達を対象にコミュニケーターとしての倫理、動物と飼い主さんへの責任、誠実さ、完治/ヒーリング、私達自身の心のヒーリングと成長の重要性、スピリチュアルの意味などを体験談、セッションスタイル、スタンスをもとに考えていきたいと思います。
質問の時間を多く取り皆さんのご質問に二人でお答えしていきたいと思います。
多くの質問を考えてきてください~
※アニマルコミュニケーションのやり方や他の講師の方の内容などについてお答えするものではありません。

日程: 2017年9月23日(土)
時間: 10:30-16:30
定員: 16名
会費: US$75
場所: 山崎製パン企業年金基金会館 (千葉県市川市)

申し込みは太尾和子さんへ。


ポンコツな体を脱ぎ捨てるとき

そこそこポンコツな家電の面々と付き合いながらふと思うのです。「これ、買い替えたら新しくなってすっきりするだろうなぁ」と。実用性に問題はないので買い替えませんが…。でも不調な家電を新調すると心のつっかえがなくなって気持ちいいですよね。

そこで思いました。もしかして死ぬときってそんな感じ?

ACと関わる中で「ボロボロになった肉体を脱ぎ捨て軽やかに楽しそうに舞う動物の姿」というイメージを見聞きすることがありました。これって、そういう感じなのかなと思いました。

彼らは時に、本来の寿命を延長してでも飼い主のために頑張ってくれたりします。もう体は限界を超えているのに「もう2~3日ここにいる」と踏ん張ってくれることもあります。飼い主のために。
ほとんど何も口にしないのに生きているのを見て「どうしてこのコは生きていられるんだろう」と思うことがありましたが要は、体はもう物質的エネルギーを必要としておらず(役目を終えている)、魂がそこに残るためのエネルギーが少しだけ必要なのでは。

まさにボロボロな体。そこから脱け出したら爽快でしょうね。すごく楽になると思います。

自分が死ぬ時もきっとこんな感じなんだろうな。夫に「もし私が先に死んだらお水取りは水じゃなくて酒にしてくれ。アルコール度数は35度以上厳守、ただしウイスキーは不可(←若かりし頃飲みすぎて痛い目に遭った)」とか言っていたらなんだか楽しくなってきました。死ぬってそう悪いことじゃない。遺される者は寂しいし悲しいけど。悪いことじゃない。

死のとらえ方がまた少し変わった気がします。

なーんて言っていながら、きっと桜でんぶ(仮名)が死んでしまったら辛くて悲しくてたまらないでしょうけどね(^^;

人生の糧となる学び

ACや動物について深く語り合いながらしみじみ感じました。ACを必死で学んでよかった、と。

仲間に対して心を全開にし、恥も外聞もかなぐり捨てて練習に参加しました。セッションをするのも受けるのも。そこまでしないと太尾さんのような深い言葉を受け取れるACができるようにはならないからです。他者に対して完全にオープンにする、というのは人生でもまず経験のないことでした。ですがそのおかげで仲間との信頼関係は厚くなり、そこでの学びが今を形作っています。

あの時間がなければ今は違っていたでしょう。あの時必死で頑張ったから今、それが実を結んでいる。
ACを仕事にせずとも、それは無駄な努力になるわけではなく、それどころか宝物のような時間に感じています。

全力を出した経験は自信になるし、糧になる。どんなことであっても。

なぜ動物は人間をサポートするのか

ACについて語り合う機会がありまして。そこで1人が提示した疑問、「動物はどうしてここまで人間を手厚くサポートしてくれるのか」についてみんなで話しました。

結論から言えば「それが当たり前のことだから。自然の一部である動物にとっては、自然からはみ出してしまった人類にそれを気付かせ戻ってもらおうとするのは、特別なことではなくまさに自然なことだから」。

それを特別と感じるのは人間がそれだけ自然から乖離(かいり)してしまったからです。そしてそれに気付かないからです。だから動物が人間に対して「特別な」サポートをしていると勘違いしてしまうのです。動物は人間に対してだけでなく地上のすべてに対して同じことをするでしょう。連綿とつながる生命の一部として。動物だけでなく他の存在も同じはず。でも今の人間にはできない所業でしょう。

自然のサイクルからあまりに遠くへ飛び出してしまった人間に対して、「そっちじゃないよ、こっちだよ」と呼んでくれている。自然を支配し意のままに動かそうとさえ考える人間に対して「それは間違っているよ」と諭している。

人が惜しみなく愛情を注ぐことのできる存在、見返りを求めない無償の愛を体現できる存在、それが伴侶動物です。人は彼らに対してはためらいなく心を開きます。純真なその愛で人の心の深いところまで入り込めるからこそ、彼らの言葉は飼い主の心を打つのです。

動物を愛する人は彼らに喜んでもらいたいですよね。だったら真剣に考えてみてください。自分の人生に本当に大切なのは何か。自分は何に対して真に努力すべきなのか。自分がどういう状態なら彼らは微笑んでくれるのか。浅いレベルではなく深く見つめてください。
あれもこれも、ではなくたったひとつかふたつ選んだらあとは手放す、そんな腹のくくり方をするのです。人生がシンプルになって分かりやすくなって、楽になります。

重要なのは彼らに何かしてあげることよりもそれ以上に、飼い主が自身の人生をいかに生きるかです。それが彼らの最も喜ぶことであるとACを学ぶ中で何度も動物から伝えられました。

どんなにダメな自分でも彼らは決して見捨てません。時には叱咤激励しながら、私たちがこの人生を終えるまで、いや実は転生してやり直しを図っているときもずっと寄り添い続けてくれます。何があっても彼らはそばにいてくれます。どうぞ安心して、前を向いて進んでください。

どこへ生まれ変わろうとも

ハムスターとしては私のこの人生で3回(足掛け6年)私の元に来てくれたオスがいます。遠い過去世から長い時間を私に寄り添ってきてくれました。私のガイドの1匹でもあり(もう1匹のガイドはこちら)、魂の片割れと言える強い絆を感じる存在です。初めて彼を見たときには「このコは私の魂のかけらだ」と感じました。彼のことはずっと「マイ・スイート・ハニー(ハート)」と思っております。

そんなハニーが生まれ変わると耳にしたのは数年前。
瞑想していた私にAC仲間宅のオス猫が近寄ってきて何か言いたげに見つめていました。その猫とは悪友なんです。
「よう。元気?」
「…うん」
「何。どうしたのよ」
「あのさぁ、これ、あんたには言うべきだと思うんだよ。本人が言わないのに俺が言うのはおかしいかもしれないけど、あんたは知っているべきだと思うんだよ。誰も言わないから俺が言うよ」

猫が語ったのは、ハニーが近々他所の家に生まれ変わる予定であるという衝撃的な内容でした。私だけのガイドだと思っていたから、私の魂の片割れだと感じていたから、それが他の人の所へ行くなんて本当にショックでした。
でもね、その一方で猫の思いにもじーんと来ました。ハニーが魂の片割れであるからこそ私はそれを知っておくべきだ、と私のことを真剣に考えてくれての行動です。飼い主には厚く御礼申し上げました(笑)。

ハニーは多分、1人のAC仲間のところへ子猫として生まれ変わり行ったのだと思います。上の会話から半年後くらいにそこへ行くと聞きましたから、もう一緒に暮らしているはず。

その仲間というのは、今は音信不通となってしまったのだけど、大好きな人。私も彼女が好きだし、ハニーも彼女が大好きでした。ハムスターだった頃、彼女の元へは度々訪れていたようです。今思えば彼女は特別だったんだなと。
彼女はとても繊細で敏感でそして疲れていました。連絡が取れなくなってから私も気になっていて、だから今は納得しています。彼女の所なら納得できる。そしてハニーが付いててくれるなら彼女は大丈夫、って思える。

冷静に情報が取れなかったのでAC的には自信がないものの、そうであってくれれば私は心穏やかに過ごせるから、そうだと信じています。もしかしたら彼女は私と同じ魂のグループなのかもしれません。だから共通のガイドが存在するのかも。

ハニーがなぜ言わなかったのかは分かりません。直接聞いてみても答えはありませんでした。それは言う必要がないと判断したから(関わるのが私の人生ではなく彼女の人生だから)かもしれないし、単に私が受け取れなかっただけかもそれません。
だけど私はそれを知ったことで多くを得ました。悪友猫の思いの深さに感激し、仲間にハニーが付いててくれる安心感を得、会えない仲間のことを今は心穏やかに応援しています。

ハニーがどこへ生まれ変わろうとも、何に生まれ変わろうとも、私の中のマイ・スイート・ハニー(ハート)であることに変わりなし。

共に学んだAC仲間もその後色々。
困難な状況にあっても遠くで自分を思っている人がいる、と知っていてくれたらうれしいな。

AC仲間っていいな

かつてのAC仲間たちと久しぶりにやり取りして感じました。
動物の想いについて語り合える仲間って、いいな。

動物好き同士ならうちのコの可愛さとか飼育についてとか色々話ができるわけですが、ACを学んでその意義を理解し人生に役立てよう(それは動物の幸せにつながるから)と切磋琢磨してきた仲間とはもっと深いレベルの話ができるのです。広大なる動物の心、真の愛とは、魂の在り方、自身の人生についてetc.。そんなことも普通に出てきます。
今はもう日常的にACを使うのはほんの一部の人だけになったけれどもACを使う使わないに関係なく、築いてきた信頼の確かさを感じます。

動物の心に寄り添い、「動物の幸せ=飼い主のより良い人生」であると素直に信じ、愚直に努力してきた仲間たち。辛い時は助け合い、喜びは分かち合い、共に進んだ数年間は人生の宝物。
頑張って良かったな。恥を忍んで問題をさらけ出し練習セッション受けて良かったな。もがきつつも練習やって良かったな。しみじみそう思います。