野草の力 自然の力

2017.07.01【 大型犬を飼う
方法論にこだわるよりもっと根本的な改善を意識するようになったきっかけが、日本で昔から伝えられてきた民間療法の実践でした。おばあちゃんの知恵袋です。

野草・薬草も取り入れています。今の時期だと桜でんぶ(仮名)にはドクダミ&ツユクサ。ほんの少しですが柔らかい部分を野菜と一緒にすりつぶして食べさせています(生で※)。ドクダミは臭いけどあの臭いの元になる成分が効くんですって。花の咲いたものを採ってきて冷凍してあります。ツユクサは庭に生えているからいつでも摘め、人間用にはさっと湯がいておひたしにすると癖がなく美味しいです。

※ドクダミは人間用に生のままジュースにする方法があるので、量もわずかだし犬にも生で与えていますが、野草を生食することには反対の意見もあります。様子を見ながらやっております。

うちの庭に生えるということは同じ環境で暮らしている私たち動物の体にも合っているということです。遠い外国から輸入した植物を食べるより、遺伝子レベルでも環境による心身の揺らぎという意味でも効果が高いと思うのだけど。

野草の場合は足りない事より、摂りすぎる事の方がよろしくないのでその点には注意しています。野菜と違って作用が強いから食べ過ぎると逆効果だとか。例えば、ツユクサのような梅雨時期の植物は水分を排出する効果が高いけれども冷やす作用も強いから食べ過ぎると体が冷えてしまう、というように。

また、野草は生命力(エネルギー)も強いので食べ過ぎるとエネルギー中りしてかえって疲れるかも。ちょっとで満たされるのはそういう理由もあるのでしょう。

洋犬である桜でんぶ(仮名)は、遺伝子レベルでは洋の食材が合うのでしょうけれどもそれだけではなく、日本で暮らしているのだから日本の自然から日々影響を受けています。西洋ハーブと併用して身近な野草を使うことで、先天的にも後天的にもサポートできるのではないかな。もちろんそれ以前に食餌の食材の質と量が重要ですが。

野草の採り方や利用方法についてはこれが分かりやすかったです。あとは野草辞典など併用で。


民間療法については、長くなってしまったので次で書きます。

近頃の徒然

2017.06.30【 大型犬を飼う
最近意識しているのは、今を受け入れること。

桜でんぶ(仮名)の体質強化や諸症状軽減を目指し色々やってきたわけですが、そもそも「治そう」「もっと良くしたい」と思うこと自体が今を否定していないか?と思ったのです。現状ではだめだからそれを変えるための方法論を探してきたのではないか、とね。

だけど、ACと関わる中で学んだ動物たちの心。
「今のままでもすごく幸せ」
もちろん、症状が軽くなればそれに越したことはないけれども、そうならなくてもとても幸せであるという在り方。そこへ行ってみたいなと思いました。今のままでも幸せだし、変わってもそれはそれでいい、そういう心境へ。

各種ケアは続けています。違うのは意識。ケアが手薄になる日があっても不安にはならないし、自分が疲れて動きたくない時に無理してプラスアルファのケアをしたりもしません。「今のままでもすごく幸せ」をおまじないに唱えながら。

あとは、食べ物をかなり意識してケミカルフリー(化学物質排除)にしています。特に肝臓の弱い生物は化学物質の影響が強く出ます。だから彼女の食餌は有機栽培の野菜や薬剤を使わない肉魚に完全移行しました。体に害なす物をバンバン取り入れておいてデトックスもないもんだと思ったから。出す以前に、入れないことを考えるべきだなと思うようになりました。

それと桜でんぶ(仮名)の先祖たちはどんな食生活をしていたのだろうと考えて食材を選んでいます(人間用も同じく)。今みたいに肉を大量に食べたりもしなかったんじゃないかなぁ。洋犬だから穀物はきっと麦類が合うだろうと試していき、大麦が良さそうだと気付いたところです。

方法論を探して必死になっていた頃より肩の力が抜けました。気分的にも楽だし、犬の体調も安定しています。ただ、こだわりが減ったせいで書くことも減ってしまいまして。悩みどころです。

犬と桜と私と

2017.04.22【 大型犬を飼う
少々病み上がりでして、犬散歩もいつも以上にゆっくりしています。土手でヨモギを摘みつつ、桜吹雪の下を歩いていました。

犬が駆けていく
楽しそうに土の匂いを嗅いでいる
振りむいて私が来ているか確認する
桜が舞う

夢のような光景

私が手を広げる
犬が駆けてくる

犬が笑っている
私も笑う
桜が舞う

ああ、まるで夢のようだ

いつかこの光景を思い出して涙する日が来るかもしれない。彼女が私と共にいられる時間は限られているからね。
それでも今、この世の物とは思えないほど美しく満たされた時間を過ごしていることがきっと、奇跡。

お肉徒然

2016.12.19【 大型犬を飼う
桜でんぶ(仮名)用の肉を買っていたネット販売の某店。安全性の点から選択できてその割に安く、重宝していたのですが今後は利用頻度がかなり下がりそうです。

桜でんぶ(仮名)は元々肝機能、特に解毒機能が弱いと言われていて、肉を選ぶ際にはホルモン剤などの薬剤を投与されていない物をできるだけ選ぶようにしてきました。それが今回の肝機能不全宣告により、完全無投薬を目指すことになり、某店にも投薬について問い合わせをしました。返ってきたのは非常に残念な返答でした。

何を聞いたかというと、「豪州産グラスフェッド(穀物でなく牧草を食べて育った)羊が無農薬の牧草を食べているのは分かったが直接の投薬についてはどうなのか」という点です。食べ物から薬剤を摂取していなくても注射されていたら意味なしなので。

それに対しての答えがね…本当に残念でした。
色んな卸業者から仕入れるから個々の肉についてそこまでは把握できない、というのは理解できるのです。
でも、「当店は豪州の安全基準に従って安全な肉を売っている」と書きながら、その安全基準については具体的に一切触れず、張られたリンク先も安全基準に関する記載が一切ないのでは、質問に答えていないのと同じこと。例えば「投薬については特に規制されていない」とでも書かれていたら納得できたのに。その上で買うか買わないか考えられるのに。

文章から「面倒くさい」感がにじんでいるように感じられ、それ以上やり取りする気にもならず。

豪州基準について検索してみたところ、牛にはホルモン剤投薬可能だけど羊は不可で、抗生剤は必要に応じて使いその使用歴を証明書に記載することとありました。

ただ、これが某店の従う安全基準なのかどうか分からないわけです。ネットで見つけた上記の記述が本当かどうかも私には調べられません。だから聞きたかったのに。肉に対して誠意がありなかなか良い店だと思っていたのになぁ。残念です。

で、結局、ニュージーランド羊肉を別の店から買っています。今は買う店も選択ができる時代ですから。
無農薬の牧草地に放し飼いで薬剤投与無しの羊肉が手に入ります。羊肉は体を温める食材なので今の時期にはぴったり(暑い時期には食べさせてない)。

牛で無投薬を手に入れようとするとだいぶ値段が上がります。また、牛肉は繊維が硬く消化しにくいとのことで桜でんぶ(仮名)のお腹にはあまり合わないようなので、選択肢から今は排除。

鶏も、牛ほどではないが繊維が硬いそうですがお腹の調子が悪くなければ大丈夫な程度。値段的には一番安いしね。こちらも放し飼い無投薬の鶏肉を別の店から買う予定です。また牛と鳥はイオン店舗でも手に入れられるのがありがたい。

豚肉はこの前紹介した幸せな豚の農園から。

今までは1店で数種類の肉を買えたのが、それぞれ別の店から買うことになった手間はあります。値段も、合計して考えたらちょっと上がったかな。ただし肉の質(安全度)を上げたからそこは当然かと。
だけどね、誰から買うかは大事だと思うのです。自分が納得して手に入れる方がそのエネルギーまでもしっかり使えると思うから。

そして、某店の対応を自分に置き換えて考えてみたりもしています。私もこういう態度、とったことあるんだろうな…とかね。
もしかしたらタイミングが悪かった(忙しい状況下だった)だけかもしれません。あるいは質問の意図がすれ違っているだけかも。それでも、私の問いかけに対してきちんと向き合う姿勢を感じられなかったのだから仕方ないな、とも思います。だからこそ、常に自他に対して誠実であろうと改めて感じたのでした。

幸せな豚ー動物福祉

2016.11.18【 大型犬を飼う
桜でんぶ(仮名)のなかなか回復しない不調に対し、他者の力を借りるためにもうひとつやったのが、食餌です。まさに「他者の命をいただいて自分の力にすること」そのものです。

動物福祉(アニマルウェルフェア)の視点から幸せな豚を育てている養豚農園があります。それがぶぅふぅうぅ農園。この愛らしい豚たちを見てください。たまらなく可愛いのです。逃げていく後姿にきゅんとします。


命として尊重され生き生きと暮らしてきたこのコたちは強い生命力を持っているはず。その生命力をうちの犬に分けてもらいたい。このコたちを食べればきっと桜でんぶ(仮名)も力を得られるはず。

ひどいことを考えていますよね。この子豚たちに対して可愛いと思っているくせにその命を奪いうちのコに取り込もうなんて、我ながら非情だと思います。

でもね、生きるってそういうこと。私たちは他者の命をいただいて自らの力とし、生きていくのです。それは相手が動物であっても植物であっても微生物であっても同じこと。いただく命に対して敬意を払い、選択し、奪った以上はきちんと使うことが何より大事なのではないでしょうか。食べ残すとか食べ過ぎなんていう無駄な殺生はしないように注意しつつ。

主食として肉を食べて生きなければいけない桜でんぶ(仮名)であるなら、その肉は敬意を払われて飼育された家畜であった方がいいと思うのですよ。工業製品のように扱われた生き物であってはいけないと思うのです。それは消費者が行動で示すべき。人間が食べるのも同じですけどね。

かなり衰えた桜でんぶ(仮名)の体には殊更強い生命力(を持つ肉)が必要でした。でも通常の状態なら放し飼いとまではいかずとも、もう少し安い値段で、食品としての安全と家畜としての命に配慮された肉がありますから、それを選べばいいかなとも思います。彼女の食餌をとおして人間の食についても再考しております。

違う視点

2016.10.19【 大型犬を飼う
桜でんぶ(仮名)、フラワーエッセンスのセッションを受けました。体の事はもちろん心配なのだけどメンタルの揺れがそのまま体調に出てしまう犬だから、少しでも楽にしてやれればと思って。
といっても、少なくとも半分は飼い主である私に関わってきます。否が応でも。特に主となるテーマは重なります。

今回は私の事を全く知らない方にお願いしました。先入観のない真っ白な状態で犬と私の現状を分析してもらいたくて。今までは独学で学んだ知識と経験から自分でペットに使ってきたわけですが、他者の目を入れようと思ったのです。

でも自分の中にセッションを受けることへの強烈な拒絶感があってね。それはある点についてペットと飼い主の問題を同一視されることへの拒絶感であり、それがために桜でんぶ(仮名)の現状を受け入れず、無理をさせ、ケアも怠ってきたわけです。結果論として。
そこを、腹をくくってセッション内容を受け入れる覚悟を決めてやっと申し込みました。

実を言えば、受け入れるのが嫌だからしばらく「申し込み」ができなかったんですけどね。こういう時必要なのは腹をくくること。覚悟を決めること。それは、申し込むのであれば結果を受け入れる覚悟であり、申し込まないのであれば現状を続けるデメリットも受け入れる覚悟なのだと思います。選ぶってそういうことでしょう。

結果としては、受けて正解。
そして「ああやっぱりそう来たか」な内容。もっと率直に言えば「だから受けたくなかったんだよ」(笑)。←嫌な予感?

今までACで散々言われてきた言葉、「そんな事ないでしょう」と受け流してきた内容を、言い逃れできない形で目の前に突き付けられた感じです。もう受け入れるしかないというか。あはは…。

ですが、腹をくくった段階で私自身はかなり霧が晴れたような感覚になりました。そして桜でんぶ(仮名)は申し込みをした途端、めきめき体調が良くなって数日ですっかり元気になったのです。散々病んでたくせに~(^^;

ハムスター時代にはかなりお世話になったバッチフラワー。桜でんぶ(仮名)が来てからは最低限のボトルしか持たず、お嬢にはレスキューレメディがそれほど効かないのもあってあまり積極的には使ってこなかったのだけど、また使ってみようかなと思います。

もし買うならAinsworthsから個人輸入すると安いです。そしてAinsworthsはバッチ博士の想いを最も正しく継承しているメーカーだと思います。商業主義に走ることなく。英語だけどネット通販に慣れていれば手順は同じなのでお試しあれ。

肝機能不全

2016.10.06【 大型犬を飼う
とうとう宣告されてしまいました。犬がね。

元々肝臓が弱かったから、検査値の推移を見ながら予告は受けていたのですよ。年を取ってきて近いうちに肝機能不全のレベルになるよって。でも今春の検査値が良かったので油断しておりました。

が、しかし、うちのセンセーはこうのたまわったのです。何度も。
「病名に囚われないでください」

うん、言いたいこと分かります。病名にやられちゃうんですよね。つい今しがたまで「単なる不調」だったのが、病名が付いた瞬間「病気」になっちゃうんです。気持ちがね。

桜でんぶ(仮名)、体調が決して良いとは言えないけれども笑顔で過ごしてくれています。下痢と中耳炎の耳ダレが止まらないのは心配なのだけど、命を脅かす状況ではないので、桜でんぶ(仮名)が症状に苦しんでいないなら(例えば痛みとかで)、それはあってもいいかなと。症状を抑えるために薬を使って肝臓に負担をかける方が良くないようにも思います。

結局、食餌内容は変わっても今までと彼女は何ら変わらないのでした。病名がついてもつかなくても、桜でんぶ(仮名)はそのままなのです。検査の数字が変わっただけ。

ちなみに、持てる手法全て使っていますが効果の程は見えてきません。もしかしたら症状をコントロールして疾患とほどほどに付き合うという概念すら手放さないといけないのかも。ああ、それはハイレベルだわね…。