自分軸 他人軸

2017.11.28【 人生を歩こう
最近の若きスポーツ選手の多くがこんなコメントをしているのを、少々心配しております。何かといえば、他者からの評価を目標として掲げていること。

人からこう思われる選手になりたい、こんな風に見られたい、子供にとってこんな存在でありたい。
人に〇〇してもらいたい、これらは全て他人軸です。他人を基準とした見方であって、そこに「自分」はいません。自分はこう在りたい、こんな結果を出したい、あの人みたいになりたい、という自分の視点、自分がどう思うか、「己」が抜けています。

自分の意思があって次に他人からの評価が来るのであればそれは大きな推進力になりますが、自分がないままでこれを考えるのは危険なのです。

他人軸で生きている間は、願い通り他者から評価されている時はまだ良いとしても、いずれは行き詰ります。だって、いくら他者から評価されても自分の魂は満たされないから。やがて、自分は何のためにこれをやっているのだろう、何のために生きているのだろう、と己を見失います。

自分自身の価値観に基づいて生きていないと、生きるのが辛くなります。

友人の美香さんがよく書いているんですよ。自分軸と他人軸について。彼女のような気配り細やかで情の厚い人は特に、他人の価値観へ共感しやすい傾向にあると思いますので、自分の中に軸を立てる意識をするのはとっても効果的だと思います。

私みたいに頑固で人からの価値観押しつけを拒絶するタイプでもやはり、気付くとぶれていることが多々あります。それが社会で暮らす人間ってものかなと。要は自他のバランスじゃないかな。だから、自分と向き合うことは最重要。ネットやスマホを手放す時間もすごく重要。

スポーツ選手にも心理学に基づいたメンタルケアやトレーニングをしてあげればもっと活躍が広がるのではないかな、とテレビを見ながら思うのでした。

残り1ヶ月少々 ハム友さんに愛を込めて

手放すって、寂しい気持ちが沸き上がる行為だなとしみじみ思います。積み重ねてきた15年の試行錯誤が記録された日々。HPもブログも私の人生そのものでした。

ここにきて、最も強く感じるのが、ハムスター仲間だった皆さんへの感謝です。動物病院でレイラの事故が起きてレイラを失い、ハム飼いが集まる掲示板で事故への注意喚起を促し、その後HPを立ち上げました。その始まりからずっと応援してくれた静岡のハム友さんを筆頭に、不安定で辛かった時期を仲間が支えてくれました。

今より更に未熟で過敏で頑なだった私は、そんな仲間を傷付けることもありました。悪い事したなと思うこともあります。今頃どうしているかなと思いだしたりもします。「ごめんね」も「ありがとう」も「さよなら」ももう言えないけど、ありったけの愛をあの時のハム友さんたちに捧げたいと思います。

あなたたちがそばにいてくれたからあの時期を私は歩き続けることができました。本当にありがとう。
大好きだった皆さんが幸せな日々を過ごしてくれますように。

窓の防寒 重点ポイント

2017.11.21【 住まう
一気に寒くなりましたね。

今まで窓からの冷気を防ぐべく色々試してきましたが、たどり着いたのがこれ。
窓は下半分(1/3でもいい)がふさがれていればかなりの防寒対策になる!レースカーテンをインすればさらに良し!
掃き出し窓の防寒

丁寧にやるなら全部ふさいだ方がそりゃあもちろん温かですよ。でもそれってかなりの労力です。難易度も高い。ええ、実際やってきましたんで。
居間の掃き出し窓はポリカの開閉式
脇室の掃き出し窓は前面密封

以前作った中で腰高窓はいいとして、掃き出し窓用の問題点がこちら。
  • 重い…掃き出し窓用は強度が必要かと2×2材で作ったから→これほどの強度は不要
  • 窓の開け閉めが面倒→外を見たい時もある
  • プラ段がボロボロに→農業用ビニルにすれば耐久性アップ
  • ポリカ引き戸がたまに外れる→きちんと作るには難易度高しor専用材を買うべし

問題点を解消しつつ、もっと気軽にトライできないかと考えました。

防寒ボードみたいな市販品もありです。私は1.5cm角の杉材を買ってきて(店でカットしてもらえば更に簡単)、ねじ4本で留めて(1.5cm角材なら木工用ボンドや両面テープでも可)、後ろにプラ段貼りました。
掃き出し窓の防寒 隙間テープで
本当は農業用ビニルを貼ろうと思ったのだけどプラ段が余っていたもので。プラ段は日が当たると3季(冬だけ)持ちませんがね。傷んだものから順次農ビへ交換していきます。

窓より1~1.5cm小さく作っておき、1cm厚の隙間テープで囲うように貼り付ければ完成。

レースカーテンをインすれば冷風がかなり防げます。レースカーテンを農業用ビニルに付け替えたら更に効率は上がります。普通のカーテンは前面へ。
掃き出し窓の防寒 レースカーテン イン

窓の下を覆うだけでかなり違いますので、身近な素材でお試しを。尚、外から隙間風がビュービュー入るほどの状況だと1.5cm角材ではヤワすぎます。

やり直すチャンスをくれる人

2017.11.16【 人生を歩こう
太尾和子さんや上原英子さんのような、海外在住の日本人の方とやり取りしていると、しみじみ「これっていいなぁ」と思う瞬間があります。

そのひとつが、話し合いに応じてくれること。といっても話し合いなんて大げさな事態に至ったことはないんですが、互いの意見を出し合うことが基本で、こちらが誤った対応をしてしまった時でも話をさせてくれるのです。その中で私自身がどこで何を間違えたのか認識できますし、何より、一度失敗したからって切り捨てられることがありません。やり直すチャンスをくれるのです。

日本に住む日本人同士だと、なかなかそうはいかないことが多いですね。もちろん話をしてくれる人はいるし、そういう人とは長くお付き合いを続けていけるのですが、そうでないことが多いと感じています。「いいよ。もういいから」が実は全然良くなくて、一度失敗したら、あるいはイエスでない意見や質問を出したらそれっきり遮断。話もさせてもらえない。

実はこれ、他人事ではなく、私自身もそういう面が顔を出すことがあります。で、自分がしてもらった事を思い出して、気を取り直して話をしてみようと試みたりしています。とはいっても、そうなる場合は大抵が、そもそもその人とかみ合わないと感じていることがほとんどでして、更に嫌な気分に終わることもあれば、納得の上で互いに距離を図る場合もあります。

でもね、特に近年は同調か排除の2者択一しかない人が増えてきて、全く暮らしにくい社会だぜと思わず毒づきたくなるんですよ。それでなくても元々集団に埋もれるのが良しとされる息苦しい社会(私にとっては)なのに。

「和(輪)」の日本を離れ、「個」の世界へ出た方々はきっと様々な苦労や失敗を糧に器を大きくしていったのでしょうね。その道のりに思いを馳せつつ、私はその懐の深さを素敵だなと感じます。