人生をあきらめない

2017.10.10【 人生を歩こう
このブログを読んでいる方の多くに役立つと思うので紹介します。

友人の上原英子さんはアドラー心理学を学びカナダでアートセラピストとして活動しています。年1回は帰国して日本各地で講座を開催。

その英子さん、お父さんが亡くなりお母さんが亡くなり、一人っ子の彼女は血縁という牢獄から解放されました。これはご本人が公言していることでして、同じ境遇にある人の励みになればと公開してくれている情報です。血の呪縛から解放されると人はこんなに軽やかに飛べるのだ、と今の英子さんを見て感じます。


私は幼い頃から慢性的に罵詈雑言を母から浴びせられていました。

何かで感情的になると、私を標的にして怒鳴り散らす。
それは日常茶飯事で、食卓が墓場のように感じられていました。

私は、読んだり聴いたり話したり書いたりする時に用いる
「言葉というもの」がとても氣になります。

それは子どもの頃から文学好きで本の虫だったからだけでなく、
母からの言葉による虐待の後遺症でもあります。

今でも自分が大切に感じている人から、

「バカ!」
「よくやるよ~」
「何やってんの?」

などの言葉が投げかけられると、心がズキッと痛みます。

後で相手が非礼を詫びてくる時もありますが、
相手の心ない言葉が私の心に起こした衝撃はずっと残ります。

相手が傷つく言葉を言った人は、そのできごとを忘れても、
言われた人は忘れないのです。

ここまでの内容は、私は親から受けた言葉の虐待によって
言葉自体に過敏になり、対人関係でも傷つきやすくなり、
人生が生き難くなったという面が浮き彫りになるだけですが、

違うアングルから見てみると、言葉をフォーカスしてきた
体験から、私は言葉に対する繊細さを発達させました。

そして、そのセンスを活かして、詩・文章書きなど言葉による
芸術的表現を研ぎ澄ませようとしたり、相手に分かりやすく
説明的に話すよう心掛けることができるようになったのです。

それは、私が心理療法家・講師、ライターとしての仕事の
能力を発揮する時に大いに活躍してくれています。

だからといって、母から言葉の暴力を受けてよかった、
そのことに感謝しているということはないけれど、

一見したら辛かった体験を後からどう活かしていくかは、
自分次第なんですね!

~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

「この絵は私が今まで見た最も印象的なものの中のひとつ。
よく見てあなたの子どものために、あなたの言動を見直して!

子のマインドは傷つきやすく感情は深く影響を受けやすい。
だから、言葉によって子どもの精神を壊さないで!
一度口に出した言葉は元に戻せないのだから」

機能不全家族(子供が子供として安全に暮らせない家庭)で育ったことは私も同じですが、私は少なくとも子供への虐待も自分を否定されて育つこともなく、また別の問題はあったにしろ、彼女の置かれた境遇に比べたらずっとましな状況でした。

しかし今の英子さんからは、そのトラウマから来る歪みを感じません。影響はもちろん残っていますよ。でも、それは経験を経た強みとして吸収されています。苦難を乗り越えたんですね。これってすごいことなんです、この虐待レベルで考えたら。非常に困難な道を、自分の心と向き合い、諦めずに歩んできたことがうかがえます。

人生をあきらめない。自分をあきらめない。
立ち上がれない時はそのままじっとしていればいい。立ち上がる力の戻るその時まで。

嵐の最中で「自分は不当な扱いを受けている」と気付ける子供なんていないと思います。ただ、嫌だ、辛い、ここから逃げたいという思いに突き動かされて行動するのみ。自分の置かれた状況を認識できるのは、ひと段落ついて、過去を振り返った時です。

そしてひと段落つけるためには、肉親と距離を置くことです。精神的な距離を保てないなら物理的に離れればいい。少なくとも肉親や親戚の活動範囲から外れた区域へ出る事です。できるだけ遠くへ。
※遠くにいてもSNSで関わっていたら意味ないよ。

私も海外で暮らそうと2回ほど目論みましたが、その度に強力な引き戻しにあい、振り切ることができませんでした。田舎の血縁地縁の強さは尋常ではありませんから。それでも、肉親の住む地域を離れただけでかなり楽になりました。そして斎藤学さんの「アダルト・チルドレンと家族」という本に出会い、人生を転換させました。



人生をあきらめずに、自分を捨てずに頑張ったら、英子さんみたいになれるんです。今、苦しんでいる人はどうぞ希望を持ってください。

関連記事

同カテゴリでよく読まれている記事