条件付きでしか人を愛せない

2017.09.23【 人生を歩こう
以前は母に対してこう憤っていました。
「あの人は条件付きでないと子供や孫を愛せないんだ。他者から評価されるくらい優秀でないと愛さない。無条件の愛なんて遠い話なんだ」

その、これっぽっちも話したくないと思っていた母が意思疎通の取れない状態になって私は、驚くほどすんなりと母を受け入れました。なぜならば、今の母は私にとって害のない存在だからです。しゃべれないからね。毒を吐くこともない。

そして気付いてしまいました。
自分だって条件付きでしか愛してないじゃん。
無条件になんて受け入れてないし。実害が無くなったから良しとしただけでしょ。
それって母親と同じじゃないの。同じ穴のムジナじゃないの。

所詮、私は条件付きでしか愛せない、その程度の人間なのです。忌み嫌っていたかつての母親と表面的な差こそあれ同じ質だったのです。

母を嫌っていたのは自分の中の同質性を嫌っていたのか。所詮、私なんてこんなもん。はぁぁぁぁ…。

それでも、こうして母が生きている内に向き合う時間を与えられたことは幸せだと思っています。
「ああ、あれは母の愛情だったんだな」「母も分からない中で精一杯だったんだな」と、かつてのエゴと愛情が混ざった母の行動の中から純粋な愛だけを認識して受け取ることができました。今のような心境に至るのが母亡き後だったら、後悔として残るでしょう。それが、生きている内にたどり着けたおかげで、悔いにはなりません。

気に入らない他者とは縁を切ることだってできるけれど、自分自身とはそれができません。死ぬまで一緒(笑)。「所詮こんなレベルの自分」と、これからも付き合っていきます。

母は今、人生の長い夏休みを過ごしています。止まることなく全力で走り続けてきた人生の、やっと訪れた夏休み。それを終えたら逝ってしまうんだろうな。

関連記事

同カテゴリでよく読まれている記事