ちっともこの15年を振り返らない件;;

HP・ブログ閉鎖まで残り4ヶ月。なのにちっともレイラの事故やその後に関するあれこれを振り返らないで、いいのだろうか。

ええ、いいんです。だって私が見つめているのは「今」であって過去じゃないから。振り返るのは4年ほど前にHPでやったしね。

健康診断で訪れた動物病院の獣医師の初歩的ミスにより命を落とした可愛いうちのコ。
レイラの事故に関する出来事と向き合った日々は今の私にとって大きな糧となっています。例えば、「これは一体どうすればいいんだ」と頭を抱えるような問題にぶつかった時。にっちもさっちもいかない状況にもがいている時。自分に問いかけます。
「この問題とレイラの事故と、どっちが困難?レイラの死と比べてこれはもっと辛い内容か?」

答えはもちろん、レイラの事故の方が困難でそれに比べたらきっと乗り越えられる内容、です。

だって大切な者が誰も命を落としたわけじゃない。いくら辛くても苦しくても哀しくても腹立たしくても、私は何一つ大切な存在は失っていない。あの出来事を乗り越えたのだからこれも乗り越えられる。だから大丈夫。進め、自分。そう自分を励ましながら。

そして実際、頭を切り替えて乗り越えてきました。きれいに解決したことばかりではないけれども、自分にできる精一杯をやってそれでもう結果は手放してきました。思い通りの結果になるばかりじゃないよ。でもやれることを全力でやっての結果だから受け入れます。

これに限った話じゃないんですけど、
「○○があったから今の私がある」
「○○のおかげで」
なんて言葉を引っ張り出すことなく、もっと自然な形で言動に深みが表れたらいいなと思っています。真に過去を消化吸収していたらそうなるだろうと思うから。それに、何かを特別扱いするのって苦手なんで…。

このブログを書き始めた時は、方法論を紹介しようと考えていました。私が試してみて良いと思った手法を紹介することで同じような状況にある誰かの助けになるかもしれない、と。

ただ、今はこう考えています。
読む人には、方法論ではなく本質をつかんでほしい。方法論は枝葉末節。そこじゃなくて幹の部分を見つけてほしい。何を重視して何と向き合えばいいのかを考えながらその人に合った手法やそれを提供してくれる人物を探して試していけば、必ず朝は来るし、雲を突き抜けられるから。

関連記事

同カテゴリでよく読まれている記事