ビニルカーテンの威力

2016.01.15【 住まう
やっと冬らしくなりました。
断熱対策を色々やってきて思うこと。それは、二重窓を作らなくても温室用ビニルを窓にかければ簡単で大きな効果が得られるということ。家の中に温室を作ると思えば納得もいきますでしょうか。

二重窓を作るのに比べ、1~2割の手間と費用で8割以上の効果が得られるというのが実感です。

レースカーテンの代わりに、もしくはその内側にビニルを吊るすだけ。吊るすための細工が面倒なら窓枠にガムテープで貼り付けるという荒業もあるけど(笑)。

吊るすための細工も、
  • カーテンフックをきちんと縫い付ける方法
  • クリップで挟む方法
  • カーテンフックをテープで貼り付ける方法
  • 果ては布カーテンにホッチキスで止めるだけ
とやっております。

1年中吊るしたままなら縫い付けるのがいいかと。夏の昼の熱気も遮断できます。寝室の掃き出し窓に付けました。
⇒過去記事 レースカーテン代わりのビニルカーテン
寝室カーテン芯地

クリップは簡単なのだけどクリップ自体をカーテンレールに結び付けるのが、40歳過ぎた腕にはちょっと大変でした(笑)。年取ると腕を上げたままにするのが難しくなるので。ダイニングの腰高窓に付けました。
⇒過去記事 腰高窓の冷気対策
腰高窓ビニルカーテン1

フックをテープで貼り付けるのが相対的に一番作業量が少なくて安定感があると思います。テープを透明にすれば見た目も悪くない。今回は補強のため透明テープの上から布テープを貼ってあります。寝室の腰高窓に付けました。
カーテンフック貼り付け

レースカーテンにホッチキスでビニルを止めるという荒業も。これも毎回やるとなると面倒かな。1シーズン試しに吊るしてみるならノープロブレム。

窓枠の大きさより左右を各5~10cm余分にとっておくと冷気の漏れが少なくなります。中央の合わせ部分もたっぷりとること。

最も重要なのは下をふさぐこと。これで断熱効果はワンランクアップ。
腰高窓なら15㎝長く作って折り返し押さえます(腰高窓の冷気対策参照)。
腰高窓ビニルカーテン2
掃き出し窓なら段ボールやベニヤ板などで窓枠下側30cmくらいを塞ぎます。マグネットで開閉式にもできると思いますよ。

二重窓を作ればもちろんその方が断熱効果は高いのですが作るハードルも高いです。手軽に気軽にやってみるならホームセンターで農業用ビニルを買ってみてはいかがでしょう。

関連記事

同カテゴリでよく読まれている記事