新PCのキーボードにイライラする

2015.10.14【 ネット・パソコン
新しいPC。そのスペックと価格には満足しておりますがキーボードの入力ミスに「キーッ!」となっております。

キーを20打てば1つや2つは必ず飛びます。打ったキー全てを拾ってくれないというか取りこぼします。詰まる音、例えば「いって(itte)」はほぼ確実に「いて」になってしまいます。長いことPCを使ってきて、派遣先でも様々なキーボードで仕事をしましたが、こんなにミスの出るキーボードは初めてです。私の感覚としては入力スピードに表示がついてこなくて間が飛ぶように感じます。実際にはキーの押し方との相性が悪いのでしょう。

早く打てば打つほど取りこぼし率が上がるのですが夫は全く気にならないといいます。なぜかというと、3本指でゆっくり打つから(笑)。

「コントロールパネル」-「キーボード」で「表示までの待ち時間」を遅めに「表示の間隔」を最速にすると少しマシになります。が、それでも手加減してタイプしないといけない。チャチャッと打ちたいなー。しょっちゅう修正しなきゃいけないのはイライラするー。

というわけで、キーボードだけ買って外付けして使うことにしました。色々な方式がある中で、私が使い慣れているのは昔のノートPCに使われてきたパンタグラフ方式。今回買ったASUSのPCはチクレットとかいう新しい方式だそうで。私には合いません。なじめません。

エレコムのTKFCP082BK、パンタグラフ式有線、テンキーなし、キーピッチはノーマルな19㎜。使い心地は至って普通、いや今は普通がありがたい。今まで使っていたDELL15インチノートより少しEnterの位置が遠いかな?くらいで、少し打ち込み(キーストローク)が浅いけど気になるほどでもなし。

キーボードが変わったら入力ミスがひどく増えて作業に支障が出ている、どうしても慣れることができない、という方はキーボード外付けという選択もあるのでご参考に。

関連記事

同カテゴリでよく読まれている記事